都営大江戸線が環状運転にならなかったワケ 都庁前駅はオイルショックで誕生?

都営大江戸線は環状部と放射部からなる地下鉄路線ですが、環状運転はしていません。ぐるぐる回る路線とはせず、都庁前駅で折り返しとなる現在のルートに決まるまでは、紆余曲折がありました。

「東京環状線」に決まるはずだったが…

 都市計画上の名称「12号線」にかけて、2000(平成12)年12月12日に全線開通した都営大江戸線。最初の開業からしばらくは「12号線」と呼ばれていましたが、全線開通を前に一般公募で路線名を決めることになり、選考委員会は路線名を「東京環状線」に、愛称を「ゆめもぐら」に決める……はずでした。

Large 180918 ooedline 01
東京の地下を「6の字」に走る都営大江戸線。現在は各駅にホームドアが設置されている(2009年12月、恵 知仁撮影)。

 ところが当時の石原慎太郎東京都知事が「何回まわっても同じ所に戻ってくるのを環状線というんだ」と物言いをつけたことで、一転「大江戸線」になりました。路線図を見るとこの路線は一見、環状線に見えますが、実際は光が丘~都庁前~新宿~大門~上野御徒町~新宿西口~都庁前間を往復運転しています。

「大江戸線」のネーミングセンスはさておき、多くの人にとって「環状線」とは、JR山手線やJR大阪環状線、名古屋市営地下鉄名城線など環状運転する路線のイメージが強いことは確かです。厳密には環状線と環状運転は異なり、中心から周辺に延びる放射線に対して、放射線を横につなぐ路線を環状線といい、首都圏の鉄道であればJR武蔵野線や東武野田線、JR両毛線、関西圏ならJRおおさか東線や大阪モノレールなどが挙げられます。

 ただしこの説明は、大江戸線が立派な環状線であることを説明できても、大江戸線が環状運転を行っていないことの説明にはなりません。なぜ大江戸線は新宿駅で線路をつないで完全な円形にしなかったのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(5枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 石原は戦犯。「大江戸線」の名称は18年経った今でもダサく感じる。12号線の方がまだマシ。

  2. >オフィス街である渋谷区、港区方面の流動の方が大きくなるため

    大きな誤り

    当時は、渋谷区が渋谷町から区になったものの山手線ホームは今のように2面でなく1面で十分な住宅でした。
    昭和初期にハチ公がいたように、当時は渋谷駅の利用者が、あの犬は誰の犬か分かる閑静な住宅地レベルでした。

    また、住宅街の渋谷駅からオフィス街の新橋駅に行く都バスが1番本数が多かったのも有名な話。

    昔は、よそ者が書いている話は信用性にかけたが、今は、地元の者が発信している信用性の高い資料が簡単に手に入る

    例えば、港区と言えば23区で唯一の米軍基地のある区。六本木ヒルズの向かい。青山霊園を未だに占領している区。騒音問題が起こらないように、賑やかな街に変貌して気が付かないように隠している。地元の者が発信している信用性の高い資料が簡単に手に入る

    表参道が泣いてます。どう見ても、「参道」の言葉が似合わない恥ずかしい道に変貌してしまい、明治神宮も閑静な風貌より、落ち着かないイメージとして価値が下がってしまった。地元の者が発信している信用性の高い資料が簡単に手に入る