バス停名「蜆沢」「人里」「新宿一丁目」何と読む? 都内にもある難読&珍バス停名

【写真】都内有数の「難読バス停」、じつは花の名所

Large 181105 nandoku 03
檜原村の「人里」バス停は、木製の待合所に覆いかぶさるようにしだれ桜が咲く。読みは「へんぼり」(画像;photolibrary)。

この画像の記事を読む

テーマ特集「【バス】車両やシートも多彩な路線バスや観光バス その乗り方、楽しみ方」へ

この記事の画像をもっと見る(3枚)

【夏休み】お得な航空券ならエアトリ!

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181105 nandoku 03
  • Thumbnail 181105 nandoku 01
  • Thumbnail 181105 nandoku 02

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 西日本にも、カニの名所で難読の地名がある。
    「間人」と書いて、「まこと」、「かんじん」とは読まない。
    (調べてみよう)

    地名の由来をさぐるのは結構面白いが、よそから来た人には読めなくて困ることも。