「愛子」「特牛」「大楽毛」読めますか? 全国の難読駅名、分かったらスゴイ!?

「愛子」駅……実は「あいこ」駅とは読みません。「読めそう」なものから、「ぜんぜん読めない」ものまで、全国には様々な難読駅名が存在します。

あの人と同じ読みとは限らない

 全国に9000以上が存在している鉄道の駅。なかには読みづらい駅名も存在します。

170517 nandoku 01
難読駅として知られるJR山陰本線の「特牛」駅。(2008年3月、恵 知仁撮影/読みの部分にモザイクを入れています)。

一見カンタン? 正しい読みは…

・「愛子」JR仙山線、仙台市青葉区
・「石原」JR山陰本線、京都府福知山市
・「木下」JR成田線、千葉県印西市
・「開発」富山地方鉄道上滝線、富山県富山市
・「栗田」京都丹後鉄道宮津線、京都府宮津市
・「轟」えちぜん鉄道勝山永平寺線、福井県永平寺町

 愛子駅は、2001(平成13)年に皇太子ご夫妻の長女、愛子様が誕生された際、漢字が同じことから話題になりましたが、読みは「あいこ」ではありません。石原駅は埼玉県の秩父鉄道にもあり、山陰本線の石原駅とは読みが異なります。一方、開発駅は、えちぜん鉄道勝山永平寺線・越前開発駅の「開発」と読みが同じです。

 それぞれ「あやし」「いさ」「きおろし」「かいほつ」「くんだ」「どめき」と読みます。ちなみに秩父鉄道の石原駅の読みは「いしわら」です。

3文字の駅名、どう読む?

・「浅海井」JR日豊本線、大分県佐伯市
・「風合瀬」JR五能線、青森県深浦町
・「大楽毛」JR根室本線、北海道釧路市
・「北一已」JR留萌本線、北海道深川市
・「晩生内」JR札沼線、北海道浦臼町
・「挿頭丘」高松琴平電鉄琴平線、香川県綾川町

 浅海井駅は九州最東端の駅です。北海道の大楽毛駅は釧路市の工業地帯に位置し、隣には新大楽毛駅もあります。北一已は「一已」が地名で、その北に位置していることにちなむ駅名。ちなみに大楽毛、北一已、晩生内とも、アイヌ語由来の地名です。

 それぞれ「あざむい」「かそせ」「おたのしけ」「きたいちやん」「おそきない」「かざしがおか」と読みます。

この記事の画像をもっと見る(3枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 170517 nandoku 03
  • Thumbnail 170517 nandoku 01
  • Thumbnail 170517 nandoku 02

関連記事

最新記事

コメント

4件のコメント

  1. 放出駅も地元じゃないとわからないなぁ。
    安足間、三厩、左沢、沢入、大嵐、京終、膳所なんかも難読駅ですね。

  2. 引っかけ問題として三次-八次という芸備線で隣同士の駅がありますね

  3. 木次(きすき)、来待(きまち)、海田市(かいたいち)、特牛(こっとい)など、中国地方に難読地名が多い気がする。
    今や有名な阪急十三駅(じゅうそう)も知らない人だと読めないからな。

  4. 枚方市(ひらかたし)駅/枚方公園駅もひらパー人気でやっと読める人も多くなってきた程度だろうなぁ……。なお枚方市公式Facebookは「マイカタちゃいます、ひらかたです。」とやや自虐的なタイトルという……。