変わる列車のドア周り、引き込まれ事故を激減させた対策とは ドアステッカーも進化

ドアを収納する戸袋に、手や荷物が引き込まれてしまう事故。注意をうながすステッカーがドアによく貼られていますが、抜本的な対策に乗り出した鉄道事業者もあります。

ドアの「戸袋」は危険!

 列車のドアに、「ひらくドアにご注意」などと書かれたステッカーが貼られていることがあります。

Large 181108 chui 01

拡大画像

東急の車両で見られる「ひらくドアにごちゅういください。」と書かれたドアステッカー(2018年11月、乗りものニュース編集部撮影)。

 これは主として、ドアに手や荷物が触れた状態でそれが開くと、ドアと一緒に手や荷物が戸袋(ドアの収納部分)に引き込まれてしまう、という事故を防止するため。戸袋の方向を指し示すピクトグラムや、キャラクターを使ったものなどデザインは様々ですが、その多くは子どもでもわかるよう、ひらがなを多くしたり、ふりがなをふったりしています。

 実際に、子どもの事故は少なくないようです。東京都の消費生活部が2017年にまとめた調査結果によると、2015年に東京消防庁管内で手指の「挟まれ事故」により救急搬送された事例のうち、「鉄道車両の戸袋」が要因となったのは2歳児において11人で、「手動ドア」に次ぐ2位。3~5歳児でも11人、6~12歳児でも6人が鉄道車両の戸袋による事故で救急搬送されています。

 東急線では、ドア開閉時に乗客の手や荷物が戸袋内に引き込まれた事象が2015年度に311件発生。これを受け、東急電鉄は2016年4月から事故を減らすべく対策に乗り出しました。車内ドア上のデジタルサイネージや、駅のポスター、車内放送などでドア周りへの注意喚起を強化したほか、ある「物理的な対策」(東急電鉄)を実施し、事故を激減させたといいます。

この記事の画像をもっと見る(6枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 181108 chui 03
  • Thumbnail 181108 chui 04
  • Thumbnail 181108 chui 05
  • Thumbnail 181108 chui 06
  • Thumbnail 181108 chui 01
  • Thumbnail 181108 chui 02

最新記事

コメント