橋がないなら架けていく、陸自の「架橋装備」とは? 理論上は数kmの橋も!(写真20枚)

はしけにもなる92式浮橋

 81式自走架柱橋が橋柱を用いる機構なのに対して、水面に橋節を浮かべて橋にするのが92式浮橋です。水量や川床の状態に左右されることなく橋を架けることができますが、構造上、水流の影響を受けやすく、橋を保つには、つねに川の下流側から上流側に向けて水の流れに反する形で動力ボート(エンジン付きボート)が橋を押し続ける必要があります。

 また、橋節と動力ボートを組み合わせれば自在に動けるはしけ(渡し船)になるため、その点はほかの軍用橋にはないメリットといえます。

Large 181120 bridge 05

拡大画像

「みちのくALERT2008」で北上川に架設された92式浮橋(月刊PANZER編集部撮影)。

 ただし、川岸に降りられる場所でないと橋節や動力ボートをトラックの荷台から降ろせないため、護岸工事などで川岸が垂直に近いように改修されている場所では架橋できません。

 そして、上述したように動力ボートが必要なため1両で橋を架けることはできず、橋節と動力ボート、そして川岸と浮橋を繋ぐための橋端橋節、さらに軟弱な川岸に降りる際に地面に敷くための道路マットなどで1セットとなっています。耐用重量は50tのため、90式戦車を含む陸自の全装備車両が通過可能です。

Large 181120 bridge 06 Large 181120 bridge 07 Large 181120 bridge 08

拡大画像

拡大画像

拡大画像

積載状態の92式浮橋の橋節(月刊PANZER編集部撮影)。
積載状態の92式浮橋の動力ボート(月刊PANZER編集部撮影)。
92式浮橋は橋節が水面に浮いた状態のため、常に動力ボートで支え続ける必要がある(月刊PANZER編集部撮影)。

 東日本大震災では東松島市とその沖合にある宮戸島をつなぐ橋が津波によって流されてしまったため、92式浮橋のはしけによって島に油圧ショベルなどの重機が運ばれました。その実績から今回の「みちのくALERT 2018」でも、橋ではなくはしけとして用いた訓練が行われていました。

テーマ特集「【ミリタリー】急げ、救え! 自衛隊「災害派遣」の現場にせまる!」へ

この記事の画像をもっと見る(20枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. かつては70式自走浮橋という、自走して更に艀にもなる萌え車両がありました。
    3両を横に繋ぐと74式戦車が載せられる性能でした。
    平成初期の東京都の防災訓練でも出動し、避難民乗せて東京湾を走ってましたが、羨ましかったw
    老朽化と河川敷から直接進入できる場所が減ったのが引退の理由のようでさびしくあります。