越後湯沢から「JR積雪最高地点」へ 豪雪地帯の生活を支える県境越え路線バス

県境を越える路線バスが年々減少しつつあるなか、上越新幹線の駅がある新潟県の越後湯沢から、長野県内へ向かう路線が健在です。日本有数の豪雪地帯を経て、「JR日本積雪最高地点」として知られる飯山線の森宮野原駅までを結びます。

スキー場や温泉には目もくれず、峠に挑む

 上越新幹線も停車するJR越後湯沢駅(新潟県湯沢町)の周辺は、「苗場」「ガーラ湯沢」など10を超えるスキー場が点在する「スキー場銀座」。近年は海外からの観光客も多く、冬の駅前バス乗り場は、いろいろな国の人で賑わいます。

 そこに発着する路線バスのなかで唯一、県境を越えて長野県内まで走るのが「急行 森宮野原線」です。駅近くに車庫を構える南越後観光バスが、1日4往復運行しています。

Large 190129 morimiyanohara 01

拡大画像

「急行 森宮野原線」に使われる三菱ふそう「エアロスター」。岐阜県の北恵那交通からの移籍車(oleolesaggy撮影)。

 湯沢は温泉街としても知られ、市街の至る所に温泉や観光施設が立ち並んでいますが、このバスは「急行」の名の通り、主要バス停にのみ停車して市街地を足早に通過していきます。有名スキー場も経由することなく、大きな国道17号を進んだバスはやがて左折し、国道353号へ。ここから山を上り、「十二峠」(標高およそ720m)の連続カーブを走行します。

 峠のふもとで、上越新幹線の高架下に設けられたトンネル状のスノーシェッド(雪覆い)を通過します。高架からの落雪による事故を防止するため、設置されているものだとか。その後もカーブに沿って長いスノーシェッドが連続し、さらにトンネルを抜けると、新潟県十日町市に入ります。

テーマ特集「【バス】車両やシートも多彩な路線バスや観光バス その乗り方、楽しみ方」へ

【路線図】「急行 森宮野原線」のルート

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190129 morimiyanohara 04
  • Thumbnail 190129 morimiyanohara 05
  • Thumbnail 190129 morimiyanohara 01
  • Thumbnail 190129 morimiyanohara 02
  • Thumbnail 190129 morimiyanohara 03

最新記事

コメント

Leave a Reply to アダム12 Cancel reply

15件のコメント

  1. MP218かー、名車は支持されますね。
    FUSOでは実に珍しい仕事のできる6D22型エンジン!実用域のトルクに満ち溢れる正に路線バスの為に生まれたようなエンジンですね。
    当時の貸しきり用のV8の8D系からしたら働き者の名機ですね。
    MP218エアサスの618やら西日本車体製や江ノ電バスでは富士重工の218もありました。
    都会では補助金や免税目的のアホノンステバスばかりが幅をきかせてますが
    湯沢の降雪地域に未だ生き残る昔の型のバスこそ路線バスの原点なのではないでしょうかね

  2. 必要な役目を果たすという意味で言えばこんな古いバスでも十分、高齢者の方や障害者の方の為に世に出た一応の大義のノンステバスなんてのは散々甘やかされて放し飼いされてきたバス事業者向けの税制対策でしかない
    馬鹿みたいに総重量が15tにも迫るようなノンステバスが重量税を免税されて首都圏を走るほうが間が抜けてる。

  3. 「アホノンステバス」だの「間が抜けてる」だの。。。何様やねん。

    • またまた貴様か?かすりもしないヤジを遠くから書き込むなら事業車の税制くらい勉強してから書き込んだらどうかな?

    • お宅さん頭沸いとんのか?何様?とか他に使い分けできんのか?

    • 何様やねん、に賛同なんですけど。

      こういう地域(バスに乗るのはクルマ運転しない高齢者)だからこそノンステップ車が必要なはず。この記事は路線記事で車両の記事ではない。懐古的車両趣味者が余計な口をはさむべきでない。

      上二人、口をはさむくらいなら、こういう地方路線にノンステップ車両を走らせる方向で口出しするか、購入資金を出すかして欲しい。

    • おさらい様の論説は製造メーカーと政の毎度の他人の褌相撲の追い風にしかならん、ろくに設計を煮詰めなかった証にステップが低いだけで中は段差だらけだろうに、口をはさむな?と言う前に都なら都税、県なら県税にでも出向いて垂れ流しの助成や免税制度を調査してから意見してこい!

    • 高い価格のノンステップバスより一段ステップのあるバスのほうが乗ってしまえば楽だわな
      でも補助金の都合でノンステップが走るのはお年寄りを出汁に使っただけの生産業対策なんだろ?
      ほんで、その何様に金出せとか言ってる輩こそ何様じゃろが?

    • おさらい?のように鼻の効かないような持論が真に障害者、高齢者の方々に必要な物の開発の邪魔になるんだよな~
      こういうう目障りな持論を見てると企業お抱えのモータージャーナリストやピーマン喰えない料理評論家を思いだすわ

  4. 記事とは関係ないコメントが多いですが、写真にあるようなステップのあるボロバスなんかより、
    低床、もしくは、ノンステップバスの方が利用する側に立つと絶対いいわけで。特に年寄りや小さな子供連れの親子には階段(ステップ)の上り降りは大変です。
    地方でもバリアフリーに積極的で観光客も多い自治体や事業者は早々に中距離路線でも低床、もしくは、ノンステップバスを導入しています。

    写真にあるようなバスは「名車」だから支持されて残っている訳でもなんでもなく
    このような沿線自治体からの補助金頼みの地方路線は維持継続だけで精一杯。さらにバス事業者もバリアフリー対応の余裕もなく
    車両更新も進んでいないというのが実情で、いつ廃止になってもおかしくない綱渡り状態なのではないかと考えます。

    • で、ノンステに乗り込んだその年寄りは何故か好んで超絶ハードルな最前ヲタ席を好むというねw

      てか、結局はノンステは車内に段差ありありかつ座席少ないという永年続く問題に突き当たる訳で。

    • こんな豪雪地帯でノンステップは辛いだろうね
      エアサスで車高上げたらスピードが抑制されちゃうし、かと言って残雪ガリガリ腹で擦るわけにもいかんし?
      エアサス提灯も悲鳴あげちまうだろ
      それと床を下げたがゆえに駆動系やサスの本格的な改造に乏しい車型が大半なので車内は凸凹だらけで逆に険しい道では乗客に厳しい車になるだろうね。
      それと前者が記してる名車の部分は個人の見解と診てとれるので一応に尊重さたらどうかな?

    • 何処でもいいから最寄りの陸運局に足運んでノンステップバスの諸元でも見せてもらってこいよ
      最低地上高だけ見ても豪雪地帯じゃ難儀するだけだろ、それに最近は低床面積を更に広く取るためにホイールベースを延長した12Mに迫るような立ち席定員のバスに手厚い補助があるもんで無意味に長く座席が減って座れないバスが増えたと思わないか?
      こんな都会基準の企業や政の為の産物が雪国で高齢者や子供に優しい車になるわけないだろが
      都会の交通局の入札価格だろうが民バスの運営の仕組みも要を見失うと税金を食い荒らすような鉄屑が弱者大義に延々走ることになるんだよ

    • オンボロとほざく前によく写真を見ろよ、MP218の末期で十分に乗り降りしやすい床の低さだと思うがね

  5. ノンステップバス乗りにくいですよ
    最近のは全長はそのままにホイールベースを延ばして車室面積を取ったのがあるけどタイヤハウス真上に燃タン配置して座席が無くなるわで、こうまでして一戸建てが買えるような価格のバスを導入するのは高齢者方や障害者の方の為なんかじゃないでしょ神奈川県の大手路線会社がやらかした大事故みれば低床タイプのバスが如何に骨抜き設計であるかが分かるでしょう、安定傾斜角度実測などを同型生産を理由に書面の計算値ですり抜けた車なんて消防車の横転事故が物語ってるでしょうに、今回の記事にあるような気象条件など土地相応に選択肢が狭められてしまう場所で単に床を低く設計したバスが当たり前のような考えは車の諸元を無視して衝動買いをして失敗を繰り返すのと全く同じでしょう