対策進むバスの巻き込み事故 三菱ふそう新型バス搭載「側面レーダー」に業界も注目

三菱ふそうが、高速バスや貸切バスに用いられる大型観光バス「エアロクイーン」「エアロエース」の新型を発表。観光バスでは日本初となる「車体側面のレーダー」を搭載するなど、安全装備の強化が図られました。

「顔」も刷新

 三菱ふそうトラック・バス(以下、三菱ふそう)は2019年2月21日(木)、大型観光バス「エアロクイーン」「エアロエース」の新型を発表しました。

Large 190221 aero 01

拡大画像

三菱ふそう「エアロクイーン」2019年モデル(2019年2月21日、中島洋平撮影)。

 客室の位置が高いスーパーハイデッカータイプが「エアロクイーン」、それよりやや客室位置が低めのハイデッカータイプが「エアロエース」で、いずれも高速バスや貸切バスで広く用いられるものです。今回は国産の大型観光バスでは初めて、ヘッドランプがLED化され、従来よりも吊り上がった形状になりました。

 これら新型について三菱ふそうが強調するのが、安全装備の数々です。

 車体前方のレーダーを用いた衝突被害軽減ブレーキや、前車との間隔を保持して走行するオートクルーズなど、従来からの技術も精度や機能を向上させています。また、ドライバーの急病時に乗客が非常停止ボタンを押し、バスを自動停止させることができる「ドライバー異常時緊急停止システム(EDSS)」も、日野やいすゞの2018年モデルに続いて採用されました。

 そして、大型観光バスとしては日本初搭載となる安全装置が、左折時の巻き込み事故を防ぐ「アクティブ・サイドガード・アシスト」です。

この記事の画像をもっと見る(30枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. すごい顔になったな!28年規制後にしばらくチェンジは無いと思っていたのに、しかし巻き込み防止にレーダーとは考えたもんだ!昔にクラウンマジェスタでVSCが作動した時は車自体がバイブレーションと化してこの世の終わりかと思うくらい恐ろしかったが
    今でもたまに思うがMSをベースにしたMUのエアロキングなんて構想すらなかったのだろうか?今度の顔ならイケメンで良かったのではw

  2. で、エアロキングはどうした?
    他国の自動車会社にシェアを奪われて情けないと思う。