旧海軍「潜水空母」はどんな飛行機を積んだ? 秘密兵器「晴嵐」と米本土空襲の偵察機

そもそもは偵察のための航空機搭載

 潜水艦は海に潜って姿を隠すことができますが、反面、艦橋が低いため偵察できる範囲が狭く、レーダーやソナーが発展途上だった当時は、敵を発見しにくいことが難点でした。そこで潜水艦から小型の水上機を飛ばして、偵察範囲を広げようとしたのです。

 しかし、狭い潜水艦内に格納庫を設け、飛行機も狭い空間に収まるよう、組み立て式にしなければなりません。各国が研究しましたが、技術的困難に比べて成果が少ないという判断から廃れていきます。他方、広大な太平洋を作戦海域にしていた旧日本海軍は、潜水艦に飛行機を載せることにこだわります。

Large 190205 sea 02 Large 190205 sea 03 Large 190205 sea 04

拡大画像

拡大画像

飛行する零式小型水上偵察機(画像:アメリカ海軍)。
伊二十五と同型の乙型潜水艦、伊十五(画像:アメリカ海軍)。
旧海軍時代の藤田信雄氏(画像:アメリカ海軍)。

 1933(昭和8)年、旧日本海軍は「巡潜1型」と呼ばれる潜水艦に水上偵察機を1機搭載できる、試験艦「伊五」を完成させます。水上機を海に下ろして発進させるのではなく、カタパルトで射出できるようにして、その運用に天候の影響を受けにくくなったのが特徴でした。「伊五」の試験で実戦化できると判断した旧日本海軍は、巡潜2型、3型、甲型、乙型、伊四百型(潜特型)という「潜水空母」を実戦配備します。前出の伊二十五は乙型です。

 潜特型以外の潜水艦に搭載された航空機は、専用に開発された「零式小型水上偵察機」です。最高速度246km/h、エンジン出力340馬力、60kg爆弾を2発搭載するのがやっとという小型機でしたが、戦争初期には偵察任務で成果を上げていました。最大の武勲が、冒頭で触れた、藤田兵曹長機による史上初のアメリカ本土空襲です。

【写真】ホワイトハウスから感謝状も 藤田信雄氏関連資料

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント