空自F-35墜落現場に他国がざわめいた理由 そこは日本のEEZ、そもそもどんな場所?

航空自衛隊のF-35A戦闘機が洋上に墜落、現場は日本のEEZ内と見られます。パイロットの安否が気遣われる一方、機体の機密情報をめぐり周辺国が注視しているとも伝えられます。EEZ内のできごとに、他国が干渉する余地はあるのでしょうか。

墜落現場は青森県沖、日本のEEZ内だけど…?

 2019年4月9日(火)、青森県にある航空自衛隊三沢基地に配備されていた最新鋭ステルス戦闘機のF-35Aが、同県沖合の洋上に墜落する事故が発生しました。事故から約2週間になる4月22日(月)現在、懸命の捜索作業にもかかわらず発見されたのは機体の尾翼部分のみで、機体がどこに沈んでいるのかすらも不明な状況のようです。正確な機体の位置の把握もそうですが、何より搭乗していたパイロットの方の安否が気遣われます。

Large 190422 eez 01

拡大画像

航空自衛隊のF-35A戦闘機(画像:航空自衛隊)。

 ところで、捜索作業によって尾翼が発見されたのは、青森県の東側に広がる太平洋上の沖合、約135kmの海域ですが、ここは日本の「EEZ(排他的経済水域)」内にあたります。そして一部報道などにおいては、今回の事故に関し、日本やアメリカ以外の他国による、F-35の機体引き揚げやそのほかの部品回収の可能性について耳にします。しかし、そもそも日本のEEZ内で他国が勝手にそのような活動を行うことは、果たして可能なのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190422 eez 02
  • Thumbnail 190422 eez 03
  • Thumbnail 190422 eez 04
  • Thumbnail 190422 eez 01

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. >何より搭乗していたパイロットの方の安否が気遣われます。
    本気でそう思ってる?何日経ったと思ってる訳?