戦艦「陸奥」はなぜ爆沈した? 旧海軍のアイドル艦 隠された事故とその背景、残る謎

「世界のビッグ7」の1隻に数えられた戦艦「陸奥」は、同「長門」と共に、旧海軍の象徴でした。ところがその最期は、瀬戸内海に停泊中、爆発事故を起こし沈没するというもの。1943年6月8日、その日「陸奥」になにが起きたのでしょうか。

緊急電「ムツ バクチンス 一二一五」

 1943(昭和18)年6月8日、山口県岩国市柱島沖には戦艦「陸奥」、「長門」、「扶桑」、重巡洋艦「最上」、軽巡洋艦「大淀」ほか、第十一水雷戦隊(駆逐艦4隻)が停泊していました。梅雨入り前で湿度が高く、海上にはもやがかかっていたといいます。

Large 190603 mutsu 01

拡大画像

竣工直前の1921年10月19日に撮影された、千葉県館山沖にて全力航行中の「陸奥」。このときの完成度は85%程度だったとも言われている。

 昼食時間後の休憩時間だった12時10分ごろ、「陸奥」の3番砲塔付近から煙が上がったかと思うと突如爆発、船体は4番砲塔後部から真っ二つに折れ、艦の前部は右に傾いて転覆しそのまま沈没してしまいました。

 周りの艦には突然の大爆発音が何なのか、すぐには分かりませんでした。「陸奥」の南南西約1000m(2000mの説もあり)に停泊していた戦艦「扶桑」が爆発を目撃し、「ムツ バクチンス 一二一五」と海軍上層部への第一報を発します。敵潜水艦による雷撃かもしれません。ただちに対潜警戒態勢が取られ、あわてた駆逐艦から目標も分からないまま爆雷が投射されるなど、一時混乱しました。結局、敵潜水艦が侵入した形跡はなく、各艦は「陸奥」の救援に全力を尽くします。

 その「陸奥」はというと、かろうじて浮いていた艦の後部も17時ごろに沈没してしまいます。乗員1474名のうち艦長以下1121名が死亡するという、大惨事となりました。

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190603 mutsu 07
  • Thumbnail 190603 mutsu 01
  • Thumbnail 190603 mutsu 02
  • Thumbnail 190603 mutsu 03
  • Thumbnail 190603 mutsu 04
  • Thumbnail 190603 mutsu 05
  • Thumbnail 190603 mutsu 06

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

コメント