唯一の寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」乗り方は? 必要なきっぷ、値段、注意点

東京~高松・出雲市間を結ぶ寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は、毎日運転の定期列車としては唯一の夜行列車で寝台列車。昼間の列車とは異なる客室の設備やきっぷの買い方、注意点などをまとめました。

さまざまな種類の寝台車を連結

 日本では新幹線や飛行機など昼間の交通機関の発達に伴い、夜行列車が衰退。毎日走っている夜行列車は寝台特急「サンライズ」だけになりました。

Large 190819 sunrise 11

拡大画像

毎日運転の定期列車としては唯一の夜行列車となった寝台特急「サンライズ」(恵 知仁撮影)。

「サンライズ」は、おもにベッドを設けた寝台車で構成される、夜行の特急列車。東京と四国の高松を結ぶ「サンライズ瀬戸」と、中国地方の出雲市を結ぶ「サンライズ出雲」があり、東京~岡山間は「瀬戸」と「出雲」が連結して走ります。寝台はすべて個室タイプのため、周囲の目を気にすることなく寝られます。

「サンライズ」の寝台を利用する場合、乗車券のほかに特急券と寝台券が必要です。通常、特急券と寝台券は1枚のきっぷにまとまって発売されます。全席指定扱いのため、事前の予約なしには乗れません。

 乗車券と特急券は昼間の列車と同じく、利用する区間によって値段が変わります。一方、寝台券は次のように寝台の種類によって金額(1室分)が変化。寝台ではなく部屋ごとに発売されるため、知らない客と相部屋になることはありません。

各タイプの寝台料金

・A寝台1人用個室「シングルデラックス」:1万1310円
・B寝台2人用個室「サンライズツイン」:1万1520円
・B寝台1人用個室「シングルツイン」:9430円(2人用個室として使う場合の補助ベッド使用料は5400円)
・B寝台1人用個室(広いタイプ)「シングル」:7560円
・B寝台1人用個室(狭いタイプ)「ソロ」:6480円

Large 190819 sunrise 12

拡大画像

B寝台1人用個室の「シングル」2階室(2016年4月、草町義和撮影)。

「サンライズツイン」か「シングルツイン」(補助ベッドを使って2人用個室として利用)を2人で利用する場合、乗車券と特急券は2人分、寝台券は1室分が必要です。一方、「サンライズツイン」を1人で使う場合の金額は、乗車券が1人分、寝台券が1室分ですが、特急券は2人分が必要になります。

 B寝台1人用個室「シングル」で東京~高松間を移動する場合、合計の金額は2万2110円。その内訳は乗車券が1万1310円、特急券が3240円、「シングル」寝台券が7560円です。東海道・山陽新幹線「のぞみ」と快速「マリンライナー」の乗り継ぎ(通常期の普通車指定席を利用)に比べ、3240円高くなります。

【写真】1人用だが2人用にもなる「シングルツイン」内部

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190819 sunrise 31
  • Thumbnail 190819 sunrise 11
  • Thumbnail 190819 sunrise 12
  • Thumbnail 190819 sunrise 21

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. サンライズツインが取れなくてシングルツイン使った事があるが、台車の真上でうるさかった。同行者も寝れなかったと言ってた。補助ベッドという割には窓も広くて立派だったのだが、できれば人気のサンライズツインの部屋数を増やしてはくれないものか。