なんとか免れた荒川決壊による東京水没 そのとき、地下鉄駅はどうなるのか?

台風による大雨の被害が続いています。台風19号ではなんとか免れた荒川決壊と東京湾の高潮ですが、もし実際に起きた場合、地下鉄の駅の浸水はどうなるのでしょうか。想定される事態を、ハザードマップなどから読み解きます。

東京の約3分の1が浸水する可能性も

 2019年10月12日(土)に上陸した台風19号は、東日本を中心に記録的豪雨をもたらし、各地で洪水や土砂崩れ、河川の決壊が起きました。さらに、台風20号、21号が発生し、厳重な警戒を必要とする暴風雨が続きました。

Large 191020 suibotsu 01

拡大画像

荒川笹目橋。台風19号の翌日の様子。もし氾濫すれば都営地下鉄三田線高島平駅方面へと洪水が押し寄せる(2019年10月13日、内田宗治撮影)。

 台風19号の勢力があと少しだけ強く、豪雨が長く続いていたら東京はどうなったでしょうか。これはただの空想の話ではなく、国や東京都で真剣にシミュレーションを行い、対策を練っているものです。

 台風で起きる水害は、洪水と高潮。東京での大規模水害となるのは次のふたつです

・荒川堤防の決壊による洪水
・東京湾からの高潮

 ひとたびこれらが発生すると、なんと東京23区の約3分の1もの面積が浸水してしまう想定です。東京都建設局の発表によると、高潮が起きた場合、浸水区域内の人口(昼間)は約395万人に達します。

 浸水でとくに怖いのは、地下の駅などです。そこで、東京メトロ、都営地下鉄、それにJRなどの地下駅を含め、深い浸水が想定されている駅をまとめてみました。各駅の浸水の深さとは、地表部分、すなわち駅の地上出入り口部分付近での浸水の深さです。

【地図】東京湾で高潮発生時に想定される被害範囲

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191020 suibotsu 03
  • Thumbnail 191020 suibotsu 04
  • Thumbnail 191020 suibotsu 01
  • Thumbnail 191020 suibotsu 02

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント