列車の窓がタブレット画面に 「大きな画面」として再定義 AGCの新ガラスで実現

常に考える「窓の再定義」

 車内を見渡すと目に入ってくる中吊り広告。現在は紙タイプが主流ですが、これがサイズを維持したまま映像になる日も、そう遠くないかもしれません。

「Paper like Screen」は、超薄型の有機ELディスプレイを極薄ガラスで挟み込んだもので、厚さは、片面ずつ別々の表示ならば9mm、片面のみならば5mmです。

 近い将来、現在の中吊り広告のスタイルそのままに、素材は紙から、情報量を増やせる有機ELディスプレイに置き換わるかもしれません。

Large 191127 agc 02

拡大画像

到着駅を案内表示する「Clear Screen」(2019年11月27日、大藤碩哉撮影)。

 AGCの事業開拓部 新ガラス商品展開部 infoverre商品開発センター長の福井 毅さんは「今度は曲面でも表示できるガラスを開発してみせます。たとえば列車内の天井付近の丸い部分にも情報を表示できるものです。いままでデッドスペースだった箇所を活用できます」と意気込みます。

 AGCは「窓の再定義」について常に考えているといいます。透明なガラスに絵が出るということが、新たなサービスやアプリの開発につながることを期待し、研究を続けています。

【了】

【写真】サイズそのまま、中吊り広告もディスプレイに

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント