「歌う列車」に出合える駅5選 電車の「ミュージックホーン」ここなら聞ける?

車両連結時に聞ける高松駅

天王寺駅(JR関西本線・大阪環状線・阪和線)

 大阪有数のターミナル駅である天王寺駅(大阪市天王寺区)。このうち特に特急「はるか」や「くろしお」が発着する15番のりばは、ホーム上は利用客がいつも多く、さらに、階段付近で狭くなっている箇所がありホーム柵の設置が難しいため、列車接近を知らせるミュージックホーンや気笛がよく鳴らされています。

高松駅(JR予讃線・高徳線)

 限定的ではありますが、朝方の快速「マリンライナー」(岡山~高松)増結時に高松駅(香川県高松市)でミュージックホーンが鳴らされます。これは車両が正しく連結されたかを確認する「ブレーキ試験」のためです。これまで挙げた駅のような列車発着時と異なり、連結作業の一環で聞ける全国でも珍しいケースです。

※ ※ ※

 運転士の裁量で鳴らせるがゆえに、いつどこで聞けるか分からないミュージックホーン。近年は騒音問題などによりめっきりその出番は減ってしまいました。しかし、2018年にデビューした小田急の特急「ロマンスカー」用70000形電車「GSE」にもミュージックホーンがしっかりと搭載されているあたりを見ると、聞ける機会はまだまだありそうです。これからも各社の特徴的な音色が、鉄道運行を華やかに飾ってくれることでしょう。

【了】

【写真】「ミュージックホーン」と縁が深い名鉄「パノラマカー」

Writer: 西上いつき(鉄道アナリスト・IY Railroad Consulting代表)

大阪府出身。大学卒業後、名古屋鉄道にて運転士・指令員として鉄道運行に携わる。退職後、シンガポールの外資系企業にて国際ビジネスに従事。帰国後は東京を拠点として活動し2019年にIY Railroad Consulting設立、コンサルティング・セミナー・海外向け鉄道関連事業等を行う。東京交通短期大学・特別講師。著書に『電車を運転する技術』。

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. この記事は全然調べていない。
    まず、戸塚駅は橋があるからなんて関係ない、ただ単に利用客が多いから鳴らすだけである。
    また小田急は箱根湯本駅より新宿駅の方がロマンスカーの本数も多いから聞ける回数も多い。
    金山駅や天王寺駅なんかもいつ鳴るか分からない。金山駅は熱田回送のしらさぎが来れば鳴るだろうが、回送通過時刻は公表されていない。
    それよりもミュージックホーンを簡単に聞ける場所はいくつもある。
    1、静岡鉄道
    平日朝の急行列車は途中駅進入時にミュージックホーンを鳴らす。終着駅の手前を除く
    2、富士急行
    出発時に警笛を鳴らす義務がある為JRから直通の富士回遊を狙えばミュージックホーンが聞ける。
    3、JR東日本東京駅
    E259系成田エクスプレスの連結作業では警笛を鳴らすので電笛やホイッスルのみの可能性もあるがミュージックホーンを聞くこともできる。
    地上ホームではサンライズ瀬戸の折り返し回送列車が高確率で鳴らす。
    4、伊東駅
    駅付近に第4種踏切があり警笛吹鳴標識が設置されている為E261系サフィール踊り子発車時にはミュージックホーンが鳴る可能性が高い。
    5、伊豆急行伊豆北川駅
    上り方面は駅手前がトンネルでカーブしており見通しが悪いため手前に警笛吹鳴標識が設置されている。
    E261系サフィール踊り子のミュージックホーンはここでもほぼ確実に聞ける。
    6、長野電鉄中野松川駅
    駅付近に第4種踏切があり警笛吹鳴標識が設置されている為253系特急スノーモンキー通過時にはミュージックホーンが鳴る。
    7、富山地方鉄道軌道線富山駅
    駅進入時または発車時にミュージックホーンを鳴らす運転士が多い。
    ざっと挙げるとこれだけある。他にも調べればあるかもしれない。
    僕は鉄道関係者でないがこれだけの情報を知っている。