年末の中央線終電 気づけば終点の高尾…「寝過ごし救済バス」取材レポ 深夜の人間模様

深夜の高尾駅。中央線の快速電車で寝過ごした人を八王子駅まで送り戻す「寝過ごし救済バス」を、西東京バスが臨時に運行しました。バスの乗客はどのような様子なのか、実際に乗って観察しました。

終電後、高尾駅から八王子駅まで送り戻す臨時バス

「上り方面の列車はすべて終了しました」

 2019年12月13日(金)の深夜(14日未明)0時半を過ぎた高尾駅(東京都八王子市)では、無情にもこんなアナウンスが流れていました。

 高尾駅は、東京駅から来る中央線快速の終着駅。飲み会を大いにエンジョイし、寝過ごしてしまった人たちが漂着する場所ともいえます。「回送」の方向幕を表示した列車から、駅係員に起こされた人たちがよろよろと降りていきます。車内捜索で見つかった忘れ物でしょうか、サンタクロースのイラストが描かれた包みを駅係員が携えていました。乗り過ごした人たちは高尾駅から電車で戻ることはできません。日中であれば明るい駅前の通りも真っ暗です。

Large 191213 sleep 01

拡大画像

高尾駅北口で寝過ごし客を待ち構える「寝過ごし救済バス」(2019年12月、蜂谷あす美撮影)。

 と、ここまで悲壮感あふれる導入でしたが、ご安心を。ここで希望のアナウンスが流れます。

「本日に限りまして、JR八王子駅北口行きの臨時バスがございます」

 この臨時バスは「寝過ごし救済バス」といい、忘年会シーズンの金曜深夜に西東京バスが運行しているもの。2014年に始まり、今年で6年目の運行です。中央特快の最終電車に接続し、意図せずして高尾駅に来てしまった人たちを、宿泊施設や朝まで過ごせる店舗のある八王子駅まで運ぶことがその使命。通常の路線バスの「深夜バス」という扱いで、西東京バスでは他路線でも、こうした深夜の増発を行っています。

終電「寝過ごし救済バス」を写真でチェック!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. こういう記事ももっと増えて欲しいです。
    面白い。

  2. >遠足の復路

    ……!

  3. この記事はタイムリーでいいですね。気になっていました。お世話にはなりたくありませんが…
    ありがとうございました。