自分の機関砲で自分を撃墜した戦闘機 F11F-1「タイガー」の謎 どうしてそうなった?

自分の撃った機関砲で被撃墜…何を言っているのかわからないかもしれませんが、パイロットは余計、何が起きたかわからなかったことでしょう。航空史に刻まれる珍事、その最初のケースに見舞われたのはF11F-1「タイガー」戦闘機でした。

実弾射撃訓練中の戦闘機に起きた珍事

 2019年1月21日、オランダのフリーラント島で、地上の標的に向けて射撃訓練を行っていたオランダ空軍のF-16戦闘機に、自らが発射した「M61A1」20mmバルカン砲の砲弾が命中したと見られる事故が発生しました。

 オランダの国営放送NOSは、20mmバルカン砲弾はF-16の外板を貫通してエンジンを破損させたと報じており、一歩間違えば墜落していても不思議ではありませんでしたが、幸いなことにF-16はフリーラント島から近いレーワルデン空軍基地への緊急着陸に成功し、パイロットも無事帰還しています。

Large 191219 tiger 01

拡大画像

大西洋岸沖に展開中のアメリカ海軍空母「フォレスタル」甲板にF11F-1「タイガー」戦闘機。1956年4月4日撮影(画像:アメリカ海軍)

 2019年12月現在、この事故の原因報告書はまだ公表されていません。しかし過去にもオランダ空軍のF-16と同様、自機の発射した機関砲弾が自機に命中してしまい、その結果、墜落してしまった戦闘機が存在します。

 1956(昭和31)年9月21日、グラマン(現ノースロップ・グラマン)でテストパイロットを努めていたトム・アトリッジさんは、同社がアメリカ海軍向けに開発したF11F-1「タイガー」戦闘機で20mm機関砲の射撃試験を行っていました。高度4000mを水平飛行しながら、搭載していたMk.12 20mm機関砲の発射試験を行った後に降下させてから1分後、アトリッジさんは機体に大きな衝撃を感じ、その後F11F-1は制御が困難になりました。

【写真】青が鮮やか 「ブルーエンジェルス」仕様「タイガー」戦闘機

画像ギャラリー

  • Thumbnail 191219 tiger 03
  • Thumbnail 191219 tiger 01
  • Thumbnail 191219 tiger 02

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. このネタとはちょっと違うけれども
    大戦中のパイロットの手記の中には、「地上攻撃の跳弾に当たりそうだった」というのが結構ある。
    アメリカは映像記録を多く残しているが、曳光弾の跳弾の中に突っ込んでいくシーンが結構ある。