下関発新宮行きも可能? 新長距離列車「ウエストエクスプレス銀河」運行ルートを妄想

JR西日本の「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」は、117系電車を改造した長距離列車です。直流電化区間なら走れるということで、「こんな旅行がしてみたい」という願望を込めてルートを妄想しました。

速くない特急「WEST EXPRESS銀河」 普通車指定席の設定もあり

 JR西日本が、117系電車を改造した新しい長距離列車「WEST EXPRESS(ウエストエクスプレス)銀河」を2020年5月8日(金)から運行します。

 区間は期間によって変わり、5月から9月までは京都・大阪~出雲市間の夜行列車として、10月から2021年3月までは大阪~下関間の昼行列車として、それぞれ毎週2往復程度運行される予定です。

Large 200124 wginga 01

拡大画像

117系電車を改造した「ウエストエクスプレス銀河」(2020年1月25日、伊藤真悟撮影)。

 大阪~下関間の山陽本線の営業キロは539.5kmです。昼行在来線特急で現在最も長い距離を走るのは、博多~宮崎空港間の特急「にちりんシーガイア」で、営業キロは413.1km。つまり「WEST EXPRESS銀河」は、「にちりんシーガイア」を上回る長距離列車になります。

 これまで、列車に乗ること自体が楽しみのひとつとなっているクルーズトレインには、JR九州の「ななつ星in九州」やJR東日本の「TRAIN SUITE 四季島(トランスイートしきしま)」、JR西日本の「TWILIGHT EXPRESS 瑞風(トワイライトエクスプレスみずかぜ)」などがあります。しかし旅行代金は、気軽な金額ではありません。一方「WEST EXPRESS銀河」は、普通車指定席、グリーン車指定席、グリーン個室で構成されており、普通車指定席であれば、運賃と特急料金で利用できるリーズナブルな列車です。

 また、「WEST EXPRESS銀河」は大阪~出雲市間を12時間から14時間かけて走ります。現行の寝台特急「サンライズ出雲」が同区間を6時間弱で走ることから、「WEST EXPRESS銀河」は特急とはいえ都市間を高速で結ぶのではなく、ときには途中駅で長時間停車すると思われます。伝統芸能の披露など、車内外で様々な「おもてなし」が行われる予定です。

【地図】走れる区間をひたすら妄想

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 残念ながらこの妄想ルートだと尼崎で途切れます
    仮に神戸方面から内線で走ったとしても現状の尼崎駅だと引き上げ線が4番線~5番線の間しかない、さらに4番から直接福知山線下りには入れない構造のため。
    もし福知山線に入れるのであれば尼崎ではなく、加古川から加古川線経由で谷川に行き谷川駅の久下村駅方にある転線を使って福知山線に入れる。距離としては短くなりますが尼崎よりは現実味があるかと。

  2. ディーゼル機関車プラス電源車で、山陰本線を京都から下関まで走らないかな?