何が見納めに? 2020年3月ダイヤ改正 消える北海道「スーパー」特急 「あずさ2号」

特急「あずさ2号」消滅 「かいじ2号」へ

 JR中央本線から特急「あずさ2号」が消滅します。1977(昭和52)年、男性デュオの狩人が歌った『あずさ2号』でおなじみの特急でした。

 これまで号数は、中央本線を走る特急「かいじ」と「あずさ」で別々に振られていましたが、ダイヤ改正後は「それぞれの運行区間」「奇数号は下り、偶数号は上り」という点はそのままに、「あずさ」と「かいじ」で通し番号になります。1号から順に、「あずさ1号」「かいじ2号」「あずさ3号」「あずさ4号」……となり、「2号」は「かいじ」にとって代わるのです。

北海道では「スーパー」が消え「いしかりライナー」も廃止

 JR北海道では特急列車の名称が変わります。特急「スーパー北斗」「スーパーおおぞら」「スーパーとかち」から「スーパー」がなくなり、「北斗」「おおぞら」「とかち」になります。

 JR北海道は新型車両と旧来の国鉄型車両を区別するため、新型車両の列車名に「スーパー」を冠していましたが、車両の置き換えが進むなどしてその意義が薄れてきたため、これを外すといいます。

Large 200206 dia 02

拡大画像

JR北海道の特急列車から「スーパー」を冠した名称が消滅する。写真はキハ281系ディーゼルカーの特急「スーパー北斗」(2013年6月、児山 計撮影)。

 同じくJR北海道の函館本線では、区間快速「いしかりライナー」がこれまで通過していた駅の利用者が増えていることから、区間快速は各駅に停車する普通列車に変更され、「いしかりライナー」の呼称もなくなります。

西武鉄道池袋線・西武秩父線の特急はすべて「ラビュー」に

 私鉄では、西武鉄道池袋線・西武秩父線を走る特急車両がすべて001系電車「Laview(ラビュー)」に置き換わります。これにより、現行の10000系電車は池袋線の定期運用から外れますが、西武新宿線の特急「小江戸」では引き続き使われる予定です。

【写真】「あずさ2号」のいまの姿

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 記事中のスーパー北斗に関する説明文で、写真の車両が261系とありますが、283系の誤りかと思います。

    • すいません、前文修正いたします。
      283系では無く281系でした…。

  2. 2ページ目中段、北海道関連の記事に「キハ261系」の画像を使っているようですが、画像には「キハ281系とキハ283系」が映っているように思えます。
    訂正してください。

  3. サフィール踊り子はスーパービュー踊り子の後継列車ではありません