首都高の埼玉区間 延伸事業が進捗 与野~上尾南の都市計画事業認可 用地買収へ

将来的には圏央道より北まで延びる計画です。

Large 200313 ageo 01

拡大画像

「新大宮上尾道路(与野~上尾南)」の概要(画像:大宮国道事務所)。

 国土交通省関東地方整備局 大宮国道事務所と首都高速道路は2020年3月13日(金)、国道17号「新大宮上尾道路(与野~上尾南)」の道路事業について、都市計画事業の承認・認可が告示されたと発表しました。

 この事業は、首都高S5埼玉大宮線の与野JCTから北へ延伸させる形で、上尾南出入口(仮称)まで約8kmの自動車専用道路を建設するものです。2017年3月末に首都高速道路が有料道路事業許可を得て、大宮国道事務所と共同で事業を進めています。今後は地権者を対象に説明会などを開催し、用地買収に着手していくそうです。

 なお新大宮上尾道路の計画区間としては、与野JCTが位置するさいたま市中央区円阿弥から、圏央道の桶川北本ICを経て、鴻巣市箕田までの25.5kmです。大宮国道事務所などは、外環道と圏央道をつなぎ、国道17号の慢性的な交通渋滞の緩和や、埼玉県中央部の発展を目的とした道路としています。

【了】

【画像】開通はいつ? 新大宮上尾道路 完成までのプロセス

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to sepa Cancel reply

3件のコメント

  1. いずれ関越道-首都高の新高速ルート(鶴ヶ島-桶川北本-与野)ができる、と。いつになるやら。

  2. ちっこくていいからSA造ってくれないかな〜

  3. 本来は箕田から先の17号熊谷バイパスにも伸びて高速空白地の熊谷を解消させるとの話だったのに、未だ上尾にも伸びてないとは一体どうしたことやら。
    関東地方整備局がさいたま新都心に来て、お役人も不便を感じたからようやく少し動きはじめたけど。
    熊谷バイパスの広大な中央分離帯の広さが虚しい。