残りわずか空自「F-4 ファントムII部隊」 なぜ岐阜基地は百里基地よりレアなのか?

航空自衛隊におけるF-4「ファントムII」戦闘機の運用が、あと1年ほどで終わりを迎えます。百里基地がその実働基地として比較的有名ですが、岐阜基地でも運用されており、しかもそこにしかない機体もあります。

百里だけじゃない 岐阜でも現役の「ファントムII」

 2020年3月9日(月)、茨城県にある百里基地で、航空自衛隊偵察航空隊における最後の飛行訓練が行われました。この部隊はF-4「ファントムII」戦闘機の偵察型であるRF-4EおよびRF-4EJ(通称「レコンファントム」)を運用する航空自衛隊唯一の部隊です。

 この部隊は3月末に廃止が予定されているため、4月以降、日本でF-4「ファントムII」を運用する実戦飛行隊は、同じく百里基地に所在する第301飛行隊が唯一になります。

Large 200316 f4 01

拡大画像

ドラッグシュートを引いて岐阜基地の滑走路に着陸した未改修型のF-4EJ「ファントムII」。このタイプは現在、岐阜基地でしか運用されていない(柘植優介撮影)。

 しかし、実は岐阜基地においてもF-4「ファントムII」が現役で飛んでいます。

 岐阜基地で運用しているのは「飛行開発実験団」という部隊です。ここは航空自衛隊のなかで、航空機や装備品の試験及び開発を担当するところで、さまざまなテストを実施するために、F-4「ファントムII」を含め航空自衛隊が装備する主要な機体を少数ずつ運用しています。

 なお、百里基地の第301飛行隊はスクランブルなどの実任務についているため、運用するすべての機体が性能向上型である「F-4EJ改」なのに対し、岐阜基地の飛行開発実験団はF-4EJ改とともに、その未改修型である航空自衛隊導入当初の「F-4EJ」も保有しています。

 未改修型のF-4EJ「ファントムII」は一見すると、大きな差異はありません。しかし、主翼の端や垂直尾翼の上端にレーダー警戒装置J/APR-6を装備するなどの違いがあります。

 飛行可能なオリジナルのF-4EJは2020年3月現在、岐阜基地にしかありません。

【写真】アナログ計器が多数並んだF-4EJ「ファントムII」のコクピット

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. ファントム無頼は名作