東京の民間バス終点5選 農園はない「都民農園セコニック」 スポーツ施設がターミナル

東京都心部の都営バス営業エリアから外側、大手私鉄系など民間バス事業者の営業エリアにも、特徴的なバスの「終点」が多数あります。どのようなところへ行くバスなのか、行先名からは想像しづらい終点を5つ紹介します。

「都民農園」は都内 「都民農園セコニック」は都外

 東京都心部の都営バス営業エリアから外側は、おもに西武や東急、小田急といった大手私鉄系などの民間バス事業者が路線バスを運行しています。今回はそのなかから、行先名だけではやや想像しづらい、あるいは特徴的な終点を5つ紹介します。なお、その場所を発着するバスについては、おもな系統、および運行区間を記載しています。

【西武バス】都民農園セコニック(埼玉県新座市)

●発着するバス
・吉61-1:吉祥寺駅~大泉学園駅北口~都民農園セコニック~新座栄
・泉35-6:西武車庫前~大泉学園駅北口~都民農園セコニック
・泉32:都民農園セコニック~緑ヶ丘~朝霞駅南口

 東京23区で最も西に位置する練馬区大泉学園町から、埼玉県新座市へ30mほど入ったところにあるバス停が「都民農園セコニック」です。西武池袋線の大泉学園駅から北、西武バスの営業エリアでも、特に多くのバスが走る大泉学園通りの終端部にあたり、バス停の横にはバスの折返所があります。

Large 200408 shuten 01

拡大画像

都民農園セコニックバス停(2019年3月、中島洋平撮影)。

「都民」の名を冠しつつ埼玉県にあるばかりか、周囲に農園も見られず、大きなショッピングセンターの前にあるというこのバス停について、コラムニストの泉 麻人さんは「想像と大きく異なっていた」という旨の手記を残しています。「都民農園」は東京都がこのあたりに計画したレクリエーション農園の構想に、「セコニック」はショッピングセンターの2階にオフィスを構える精密機器メーカーの社名に由来します。ショッピングセンターは、このセコニック社がかつてこの地に構えていた工場の跡地に造られました。

 なお、大泉学園駅方面からのバスはここから2つ南、練馬区内の「都民農園」バス停で分かれる便もあるため、都民農園セコニックへ向かうバスは行先表示器に「セコニック」と表示されます。

【地図・写真】東京の民間バス ちょっと気になる5つの終点

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント