新型コロナ影響下 日本唯一の貨物専門航空会社NCAの奮闘 旅客便減の裏で物流を支える

新型コロナの影響による国際旅客便の運航縮小で、航空貨物を運ぶスペースが減っています。日本唯一の貨物専門航空会社NCAにも業務上の制限など影響が及んでいますが、日本の物流を支えるため奮闘しています。

新型コロナ影響下で生鮮食品、石鹸やマスク、医療品などが増加

 新型コロナウイルス感染拡大の影響により、世界中で国際線旅客便の運航が大幅に減少し、それらの便の貨物スペースに載せるはずだった貨物が積めなくなったことなどから、国際線航空貨物便の需要が大きく増加しています。日本でもたとえばANA(全日空)が、客室の座席にマスクなどを積みこんで国際線を運航しているほか、貨物便を増便するなど、その対応に追われています。

 そのようななか、日本では唯一となる貨物便のみを運航する航空会社NCA(日本貨物航空)が奮闘しています。同社は2020年4月現在、日本で唯一「ジャンボジェット」ことボーイング747シリーズを運航し、成田空港を中心にアジア、ヨーロッパ、北米などの貨物便ネットワークを持っています。

Large 200428 nca 01
NCAのボーイング747-8F型機(2018年、恵 知仁撮影)。

 貨物便需要に対応するため、NCAは2月から3月にかけ20便、臨時便を運航し、そうした状況は4月も続いているそうです。新型コロナウイルスの影響下においてこの貨物便需要にスタッフがどのように対応しているか、話を聞きました。

――2020年4月現在、NCAでは、どのような航空貨物を運んでいるのでしょうか?

 通常時は半導体装置、電子機器、自動車、衣類、生鮮食品、国際郵便など多種多様な物資を運んでいます。近頃は、新型コロナウイルスの影響をうけ、いつもより生鮮食品、石鹸やマスクといった衛生消耗品、医療機器の輸送が増えています。

【写真】どれほど積める? NCA「ジャンボ」貨物機内部

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント