東海道新幹線「のぞみ」なぜいま追加運転? 新型コロナで定期列車も一部運休中に

新型コロナウイルスの影響により、臨時列車に加え一部の定期列車も運転を取りやめている東海道新幹線。そうしたなか、「のぞみ」の追加運転が行われます。また新幹線の車内消毒は、どのように行われているのでしょうか。

東京~新大阪・博多間で「のぞみ」3往復を追加運転

 新型コロナウイルスの感染拡大にともない、臨時列車に加え一部の定期列車についても運転を取りやめている東海道・山陽新幹線。

 2020年5月25日(月)に全国で緊急事態宣言の宣言が解除されたなか、5月29日(金)夜、「のぞみ」の追加運転が行われます(東京~新大阪・博多間で3往復)。

Large 200529 tokai 01

拡大画像

東海道新幹線の東京駅で発車を待つN700系(2020年5月28日、恵 知仁撮影)。

 JR東海によると、予約状況を踏まえ追加運転を実施するとのこと。「密」を避けることが有効とされる、新型コロナウイルスの感染防止対策。そこで、利用者が増えてから運転本数を増やすのではなく、その前に十分な輸送力を提供し、混雑を避けるねらいがあるそうです。

 また緊急事態宣言の解除をうけJR東海は、6月1日(月)より、東海道新幹線の定期列車については、すべてを運転する予定。そして今後も利用状況を踏まえ、追加で列車を運行する場合があるとしています。

テーマ特集「【新型コロナウイルス対応特集】新幹線や飛行機の換気はどうなってる? 定期券払い戻しの注意点など」へ

【写真】新型コロナの影響 封鎖された東京駅ホーム

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント