アクロバットチームはどんな飛行機を使ってるの? 世界各国チームの使用機とその事情

航空自衛隊のブルーインパルスはじめ、世界各国にはさまざまなアクロバットチームがあり、そしてその使用機体も実にさまざまです。最新戦闘機からヘリコプターまで、各チームが使用する機体やその背景などを見ていきます。

英仏のアクロバットチームが手を取り合って

 2020年6月18日、イギリス空軍のアクロバットチーム「レッドアローズ」と、フランス空軍のアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」が、ロンドンとパリの上空で儀礼飛行を行いました。

Large 200627 air 01

拡大画像

2020年6月18日、ロンドンのウェストミンスター上空を飛行したレッドアローズ(画像:イギリス国防省)。

 この儀礼飛行は、第2次世界大戦でドイツに占領されたフランスから脱出した、のちのフランス大統領シャルル・ド・ゴールが、1940(昭和15)年6月18日にロンドンからフランス国民に対して、ラジオでドイツへの抵抗を呼びかける演説を行なってから80周年にあたることを記念して行なわれたものです。

 レッドアローズは、イギリス製のジェット練習機BAe「ホーク」、パトルイユ・ド・フランスはフランスとドイツが共同開発したジェット練習機の、ダッソー/ドルニエ「アルファジェット」をそれぞれ使用しています。

「ホーク」と「アルファジェット」は、戦闘機パイロットの訓練に使用することを想定して開発された練習機で、超音速飛行性能は備えていませんが、高い運動性と良好な操縦性を兼ね備えています。

【写真】アルファジェット駆るアクロバットチーム「パトルイユ・ド・フランス」

 
    
 
    

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント