内部はサウナ! イギリスの欠陥戦車「カヴェナンター」 それでも大量生産のワケ

第2次世界大戦の開戦前夜に誕生したイギリス軍の戦車「カヴェナンター」。作ってみたら明らかに欠陥品だったにもかかわらず大量生産され、部隊配備まで行われました。不備はどこにあり、それでもなぜ量産に至ったのでしょう。

鉄道車両メーカーが作った欠陥戦車

 第2次世界大戦では各国で兵器の試行錯誤が行われましたが、イギリスでは完成後に欠陥兵器の烙印が押されたにもかかわらず、大量生産に移行した戦車がありました。「カヴェナンター」です。

一見すると大口径転輪に背の低いシルエットと、近代的なデザインであり、外観からは欠陥戦車に思えませんが、いったい何がダメだったのでしょう。

Large 200819 covenanter 01

拡大画像

イギリスのボービントン戦車博物館に保存展示されている「カヴェナンター」戦車。車体前方向かって右側にある4連の格子状の部分がラジエーター(柘植優介撮影)。

「カヴェナンター」戦車が欠陥兵器となってしまった最大の理由は、このスタイリングをつくりだしている車高の低さにありました。そもそも車高を低くした理由は、車体重量を軽くするためであり、車重を軽くしようとした理由は生産コストの抑制、すなわち取得単価の低減でした。

「カヴェナンター」が誕生する前の1938(昭和13)年初頭、イギリスでは新型戦車の設計に関して試行錯誤が続いていました。そのなかで7人乗りの多砲塔戦車も開発されたものの、このような戦車はサイズが大きくなり、かつ車体重量も増すため、走行試験でエンジンの出力不足やオーバーヒートの問題を露呈し、計画は中止となりました。

 そのうえ大柄で大重量な多砲塔戦車は取得コストも高額です。そこで、逆にコンパクトで軽量な低コスト戦車を開発しようということになり、1939(昭和14)年に誕生したのが「カヴェナンター」でした。

【写真】「カヴェナンター」と似てても快適さは大違い「クルセイダー」

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント