2両編成で1両が「女性専用車」 どう運用するのか? 路面電車で初導入 熊本市に聞いた

熊本市交通局が市内で運行する路面電車のうち、2両編成の低床車両に女性専用車両を試験的に導入します。地方の鉄道会社が女性専用車両を導入するのは珍しく、また路面電車では初です。どのように運用するのか熊本市交通局に聞きました。

女性専用車両は2両編成の低床車両の後ろに

 熊本市交通局が2020年9月14日(月)から12月28日(月)まで、女性専用車両を試験的に導入します。これは全国の路面電車では初であり、また、九州地方の鉄道会社でも珍しいものです。

 女性専用車両が導入されるのは、2両編成の低床車両のうちの1両です。どのように運用するのか、熊本市交通局に聞きました。

Large 200903 kumamon 01

拡大画像

熊本市交通局0800形電車(画像:写真AC)。

――地方の鉄道会社で女性専用車両を導入するのは珍しい事例ですが、今回なぜ導入に踏み切ったのでしょうか。

 電車内における迷惑行為の防止を図り、安心して利用いただける環境を提供するためです。本格導入については、試験期間中に実施する利用者アンケートの結果やお客様からのご意見、導入にあたっての課題などを総合的に勘案し検討します。

――2両編成のうち半分が女性専用になりますが、普段からの混雑具合はどのようなものでしょうか。より混雑してしまうのではないでしょうか。

 導入は平日の午前7時頃から午前9時頃までを予定していますが、この時間帯はラッシュということもあり、車両によっては混雑率が100%を超えます。実際の度合いについては、試験を踏まえての結果や利用者アンケートなどをもとに見極めます。

――乗車は原則、車両中程と後方のドアからとのことですが、乗車方法に変更点はあるのでしょうか。

 女性専用車両を導入するのは低床車両なので、前後どちらのドアからでも乗車できます。

【写真】女性専用車ならぬ「女学生・児童優先」もある!

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

7件のコメント

  1. 何のための二両なんだよw
    男性は一両、女性は二両乗れる差別を公共交通が堂々とやるとはね

  2. それなら女性は女性車両が混み混みじゃない限り、前には乗らないで欲しいね

  3. こーいう事をやるから男性排除が当たり前になるんだよ
    属性で乗れない車両があるわけねーだろが

  4. 二両編成の一両とか言ってるけど、その一両は通常のワンマンカー一両程の輸送力なんて無いよ。
    てことは一両に男性が乗れないことで片方の車両に乗車が集中して定員オーバーの軸重許容割れで脱線なんて話も無いわけじゃないだろ?
    特に一両分の定員をカウントしてるわけでもなく?摘め放題が現実なわけで座席定員と床面積の定員分布を完全に無視した違法な運行だろが!
    読者や記事を書いた記者に申し上げるが、路面電車の二両編成は通常の一両に比べて若干定員が多いくらいのまやかし物なんだよ。
    女性専用を導入云々より二両編成の一両の許容荷重と言うことを視野に入れないと取り返しのつかない事故に遭遇すると言う話なんだよ。

  5. 女性は劣った存在だから男性が譲歩して守ってやらねばならないからね
    女性専用車ってつまりそういう事だよね

    • そー言う問題じゃないんだよ、男性を女性専用から排除しても残りの車両が男女兼用だから意味が無いんんだよ。
      それと二両編成は一両編成の2倍の輸送力は無いって話、確かに君の言う理由が女性専用導入の理由であって犯罪防止なんてのは大嘘で女性からの票集めの女性の為の車両でしかないんだよ。
      一両編成にも劣る輸送力の二両編成の一両が女性専用で残りが男女兼用だったら明らかに男女兼用に乗車が集中するのは当たり前で定員オーバーや車両の性能の限界を越えた許容限度割れの可能性も否定できないし、第一に陸運局に申請している車両の諸元を無視した運行になる可能性もあるわけで、日比谷線の乗り上がり脱線のような事故も否定できない、バスも電車も座席定員と床面積において定員が算出されるわけで本来なら乗務員が乗降人数をカウントして定員オーバーを回避しながら運行するのが当たり前なのだが実際は野放し状態
      ゴミ収集車みたいに自重計でも付けたら今の公共交通なんて警報鳴りまくりだろうね。

  6. 女性専用をやるのは反対しないが男女共用車両が激混みするんじゃねーか?
    先の方の指摘通りに定員オーバーで脱線なんて可能性もあるよね?
    車もそうだけど前後のバランスを保つに重量、軸重分布があるわけで、そのバランスが保たれて初めて許容範囲が示されるんだけどマジに昔の地下鉄の乗り上がり脱線もあり得る話だな。