ざっと見ても4種類 東京メトロのホームドア 駅や路線ごとにどんなタイプがある?

2025年度までに全180駅でホームドア設置を目指す東京メトロには、駅の環境に応じた様々なタイプのホームドアがあります。多くの私鉄などと直通運転するため自社以外の車両に対応しているほか、利用者の立場で進化したものもあります。

新しい試みとともに設置された南北線のホームドア

 東京メトロは2025年度までに、全180駅にホームドアを設置する計画を掲げています。2020年8月末時点で設置済みは約8割の143駅です。運営する9路線のうち、すでに丸ノ内線や有楽町線、南北線など6路線は全駅に設置されています。

 ホームドアはその設置目的から、高さ1.4mほどのドアが横にスライドするタイプが一般的です。しかしながら、多くの私鉄などと直通運転する東京メトロは、各路線に自社車両のほか様々な鉄道会社の車両が走ります。ホームドアも必然的に、ドア位置を合わせるなどそれら全ての車両に対応したものでなければなりません。東京メトロにはどのようなタイプのホームドアがあるのか、いくつかの路線を例に見ていきます。

Large 200908 hdoor 01

拡大画像

東京メトロ丸ノ内線に設置されているホームドア(画像:Photock)。

 東京メトロに初めてホームドアが設置されたのは南北線です。1991(平成3)年のことで、これは日本の地下鉄で最初でした。当時、駒込~赤羽岩淵間が先行開業し、あわせて整備されました。

 南北線のホームドアは目黒駅(東京都品川区)を除き、ホームの床面から天井までを覆うタイプです。ホームと線路をほぼ隔てられるため、ドア越しに身を乗り出したりはできません。

 ただしこのホームドアは2020年8月現在、東京メトロでは同線にしかありません。開業にあたり新しい試みのもと設置され、ATO(自動列車運転装置)を用いたワンマン運転などとともに導入されました。柱が多いといったドアの性質上、運転士の視界が制限されたり、設置工事費が高額になったりするといった点で、普及しているとは言えない状況です。

【写真】日本の地下鉄で初のホームドアは?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

2件のコメント

  1. 東京メトロのホームドアは9種類です(色違いと他の鉄道会社のものは考えない)。
    日比谷線と半蔵門線は同じもので他はそれぞれ違います。
    例えば、有楽町線と副都心線では大きく異なる点としてドアに窓があるかないかです。なお、小竹向原駅は窓がないタイプ、東新宿駅は1番線と4番線は窓があるタイプ、2番線と3番線は窓がないタイプです(東新宿駅の1番線と4番線は元々通過線だったため)。
    また、銀座線と丸ノ内線は3ドアで、それ以外は4ドアです。
    銀座線でも上野駅の渋谷行きのホームのホームドアは他のと異なります(上部の形状とガラス部のイラストの有無)。
    千代田線でも本線と支線で異なります。支線のホームドアは副都心線と同じタイプです。
    有楽町線の豊洲駅の4番ホームの2号車だけ他のと異なり透過タイプでした(案内モニター付)。
    南北線の目黒駅は他の駅と異なります。
    都営地下鉄では4線4種全て異なります。

    • 丸ノ内線も支線と本線で違いますね。方南町駅ホーム延伸にあたってはわざわざ旧式の支線verに合わせたものが設置されています。