ワゴンは斜陽か? 実は売れてる現存モデルに新型レヴォーグも登場 実際何がイイのか

スバルの新型「レヴォーグ」登場を前に、ステーションワゴンが再び見直されています。SUVに押されすっかり地味な存在になっていますが、現存モデルはどれも、しっかり売れています。ワゴンの良いところ、悪いところを振り返ります。

90年代の華だったステーションワゴンのいま

 2020年秋に発売開始が予定されているスバルの新型「レヴォーグ」が注目されているようです。スバルのオフィシャルYouTubeチャンネルには、1か月で20本近くの動画が公開されており、どれも数万から20万ほども再生されています。また、自動車メディアの多くで、新型レヴォーグの試乗レポートなどが数多く公開されています。

 レヴォーグの初代は2014(平成26)年にデビューしていますが、その年はスバルの最多量販モデルである「インプレッサ」よりも、レヴォーグの方が数多く売れるほどのヒットとなりました。この感じでは新型となる2代目モデルの売れ行きも好調が予想されます。

 新型レヴォーグはヒットしそうな気配が濃厚ですが、その一方でレヴォーグの車形となるステーションワゴンは、いまや日本市場では斜陽と呼べる状況です。

Large 200917 wagon 01

拡大画像

新型レヴォーグ(画像:スバル)。

 レヴォーグのルーツとも呼べる「レガシィ ツーリングワゴン」が大人気となった1990年代の日本は、ステーションワゴンの人気が高く、数多くのモデルが発売されていました。トヨタからは「カルディナ」、日産は「ステージア」や「アベニール」、ホンダは「アコードワゴン」などが人気を競っていたのです。

 ところが、SUVブーム真っただ中の現在、それら多くのステーションワゴンは姿を消しており、現存するステーションワゴンは、ほんのわずかになってしまいました。

 では、ステーションワゴンは、もう消えてなくなる運命のクルマなのでしょうか。それは間違いだというのは、レヴォーグの注目度の高さを見れば明らかです。また実際に、現存する数少ないステーションワゴンは、意外と売れているのです。

★★懐かしの「側面ウッドパネル」ワゴンも人気再燃? 往年の名ワゴンを写真で見る★★

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント