横須賀・総武快速線E235系 12月に運行開始 今年度は8編成120両 成田線や鹿島線へも

11両+4両の8編成です。

Large 201112 grancl 01

拡大画像

横須賀・総武快速線のE235系電車(画像:写真AC)。

 JR東日本横浜支社は2020年11月12日(木)、新型車両E235系電車を12月21日(月)から横須賀・総武快速線などで運行すると発表しました。現在の主力車両であるE217系電車が順次置き換わります。

 導入する車両数は全部で97編成745両。うち今年度は8編成120両が運行開始します。内訳は11両編成8本と4両編成8本です。運行区間は次の通り。

・横須賀線 東京~久里浜
・総武快速線 東京~千葉
・総武本線 千葉~成東
・外房線 千葉~上総一ノ宮
・内房線 蘇我~君津
・成田線 佐倉~香取、成田~成田空港
・鹿島線 香取~鹿島神宮

 E235系は、車体はステンレス製で、最高速度は120km/h。また、山手線のE235系と同様、次世代列車情報管理装置「INTEROS(インテロス)」を搭載します。電車が走るために必要な大量のデータを扱うとともに、車両搭載機器や設備を常時監視し、リアルタイムで地上に送信して、保守や故障予知に役立てます。

 モーターなどの主要機器は、仮に1系統が故障しても残りの1系統が機能し続ける2重系で設計し、“故障に強い車両”とします。

 そのほか、空気清浄機や客室内防犯カメラ、デジタルサイネージ、ドア開閉ボタンを導入。普通車の座席はロングシート(レール方向の長い座席)で幅は現行のE217系と比べて10mm拡大、トイレは車いす対応の大型洋式に変わります。2階建てグリーン車には、JR東日本の普通列車グリーン車では初めて、無料公衆無線LANや電源コンセントが設けられます。各車両には車いすやベビーカーを使用する人、大きな荷物のある人でも使いやすいようフリースペースが設置されます。

【了】

【画像】E235系の車内の様子

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント