理由は笑えぬ「オナラ防止」 イギリス空軍 みんな大好きベイクドビーンズを食べないワケ

イギリス人のソウルフード「ベイクドビーンズ」。これは日本人にとってのカレーライスか味噌汁のようなものですが、第2次世界大戦中のイギリス空軍パイロットたちには「食べるか、食べないか」悩みの種だったようです。

軍隊メニューにもピッタリ? 日本のカレー的なイギリスの「ベイクドビーンズ」

 イギリスでは、白インゲン豆をトマトソースで煮込んだ「ベイクドビーンズ」をよく見かけます。これは国民食といってもよいほどメジャーな食べ物で、有名な「イングリッシュ・ブレックファスト」と称される朝食メニューには、目玉焼き(またはその他の卵料理)、ベーコンまたはハムやソーセージ、マッシュルームのソテーとともに欠くことのできない一品となっています。そのため、イギリス人は子どものころから食べ親しんでいるようで、老若男女問わず好きな人が多い一品です。

Large 201124 beans 01

拡大画像

エンジンスタートの準備を行うイギリス空軍第35爆撃飛行隊(当時)のハンドレ・ページ「ハリファクス」爆撃機。これらの大型機は簡易トイレを備えていた(画像:イギリス帝国戦争博物館/IWM)。

 このように、ベイクドビーンズは多くのイギリス人に日常的に好まれていることに加えて、鍋で煮込むだけで簡単に作れるので、一度に大人数で喫食するような軍隊のメニューにも最適だったようで、イギリス将兵には馴染みの味であるため、好評だったといいます。現代の日本なら、さしずめカレーライスのようなメニューといえるかもしれません。

 おまけに、ベイクドビーンズを調理するのに不可欠な白インゲン豆は、乾かせば常温で長期間保管でき、トマトソースも缶詰で保存可能です。しかも調理済みの「ベイクドビーンズ」自体が、19世紀末から缶詰で販売されているため、一から作らず提供可能な点においても、軍隊食として好適でした。

【写真】空軍だけじゃない。イギリス陸軍も重用したベイクドビーンズの缶詰。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 与圧室でも屁の臭いがしますね。 

    簡易トイレとは…ひょっとして排出物を大空に投棄?