退役撤回か スウェーデン軍「グリペンC/D」戦闘機 サーブが可否検討へ その切実な理由

スウェーデン空軍の「グリペンC/D」は空自F-2と同世代の戦闘機で、すでに一度退役が決まっていましたが、ここにきてメーカーのサーブがその延期を検討することに。そうする理由と、それが現実的な理由を解説します。

「グリペンC/D」は空自F-2よりも長く働くの? 働けるの?

 スウェーデンのサーブは2020年12月21日(月)、同国で防衛装備の調達などを担当している「FMV(国防事業庁)」から、スウェーデン空軍が現在主力戦闘機として運用しているJAS39C/D「グリペン」戦闘機を2035年まで効果的に運用する場合、どのような改修や搭載する兵装の追加などが必要になるかを取りまとめる業務を受注したと発表しました。

Large 201228 gri 01

拡大画像

スウェーデン空軍の「グリペンC」(画像:サーブ)。

「グリペンC/D」は、サーブが1980年代に開発したJAS39「グリペンA/B」の改良型です。最初に生産された単座型の「グリペンA」は1988(昭和63)年、複座型の「グリペンB」は1996(平成8)年にそれぞれ初飛行しており、1995(平成7)年に初飛行した航空自衛隊のF-2戦闘機とは、ほぼ同世代の戦闘機といえます。

 またグリペンC/Dは2020年現在までに、コックピットの近代化や電子戦装置の改良、空中給油機能の追加などが行われており、スウェーデン空軍だけでなく、タイ空軍や南アフリカ空軍などでも主力戦闘機として運用されてきました。

「グリペンC/D」とほぼ同世代のF-2は、次期戦闘機による更新完了が見込まれる2040年代半ばまで現役に留まるものと見られますが、スウェーデン空軍はJAS39の機体を大型化してエンジンも強化し、電子装置なども大幅に近代化した次世代型「グリペン」の単座型「グリペンE」で「グリペンC/D」を更新し、練習機として使用される一部の「グリペンD」を除いて、「グリペンC/D」を順次退役させていく方針を打ち出していました。

 そうしたなかでの今回の、冒頭に述べたような「グリペンC/D」を2035年まで運用するにあたって何が必要かを取りまとめる業務の発注です。この業務は2021年12月に完了する予定で、スウェーデン政府はその結果を踏まえて、「グリペンC/D」を2035年まで運用するか否かを決定することになります。

 このように、スウェーデン政府が一度は退役を決めた「グリペンC/D」の就役期間の延長を検討するに至った最大の理由は、ロシアの脅威の顕在化にあります。

【画像】2021年初頭時点での現行版「グリペンC」のコックピット

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. レーダーや電子戦装置をサーブが開発? レイセオンかどっかが開発して、サーブが機体に搭載するのではないのかな?