「オスプレイ」って危ないの? 実はヘリよりも墜ちにくい機体 過去の事故原因と対策

陸上自衛隊でも運用が始まったV-22「オスプレイ」。ティルトローターという新機軸や、開発当初に多発した事故などから、安全性の低い機体という見方がいまだにされることもありますが、実際はどうなのでしょうか。最新の状況を見てみます。

「オスプレイ」には安全を担保するためのバックアップが満載

 離島防衛の象徴的存在として取り上げられることの多いV-22「オスプレイ」輸送機。従来の航空機とは異なる、エンジンポッドの角度を変えて離着陸するという「変形機構」から、いまだ安全性が低いと思われている向きも少なくありません。実際、沖縄本島などで米軍機が墜落事故を起こしていることなどから、「危険な飛行機」という烙印を押されることがあるものの、実は機体の安全性は高いといえます。

Large 210120 v22 01

拡大画像

千葉県の木更津駐屯地に暫定配備されている陸上自衛隊のV-22「オスプレイ」(画像:陸上自衛隊)。

 事実、自衛隊が使用する様々なヘリコプターと比べてV-22の基本設計は断然新しく、様々な電子制御を採り入れて安全性を高めています。

 具体的には、パイロットの操縦を電気信号に変えて翼やエンジンなどに伝える「フライ・バイ・ワイヤ」システムは制御が3重化されており、仮に2つが効かなくなったとしても操縦が続けられるようになっています。また電気をまかなうジェネレーター(発電機)の数は、大型のCH-47輸送ヘリコプターが3台なのに対して、V-22は4台装備しています。

 なおV-22は、最新鋭の航空機として自己診断機能も備えており、点検機材と機体を繋げることで、異常箇所を自動で検知できるようになっています。この機能は、陸上自衛隊の航空機としては初であり、その点でも従来のヘリコプターよりも優秀だといえるでしょう。

【写真】「オスプレイ」の機内 操縦席は飛行機と一緒?

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to 野原洋太 Cancel reply

6件のコメント

  1. ヘリの事故はなくなりませんね。長野県の防災ヘリは高所救助の訓練の勇姿を見ただけに犠牲になった乗員ともども残念でなりません。

  2. オスプレイの安全性に関する記事、興味深く読ませて頂きました。ありがとうございます。疑問が生じたのですが、オスプレイはオートローテーションできるのでしょうか? 海兵隊の"V-22 Osprey Guidebook"の2011/2012年版の36ページに、「オスプレイはオートローテーションできないので危険ではないか」という疑念に対し海兵隊が「オートローテーションに頼らずとも1つのエンジンで飛行可能で、万が一の場合滑空できる」(意訳)と答える部分があります。また、2009年のアメリカ議会調査局による報告書"V-22 Osprey Tilt-Rotor Aircraft: Background and Issues for Congress"の40ページには"The inability of V-22 to safely autorotate has now been acknowledged by the manufacturer and the US Marine Corps"とあります。オスプレイは固定翼機モードとして飛ぶ時間が大半であり、また滑空が可能なことから、オートローテーション機能は無いと認識したのですが...

    • つまり言いたかったのは、オスプレイはオートローテーションを想定していないのではないか、ということです。オスプレイにはオートローテーションで安全に着陸する機能はなく(またその必要性も薄く)、よってオートローテーションできることが安全に寄与している、という記事の内容に疑念を呈したいというものです。
      青木謙和『徹底検証!V-22オスプレイ--ティルトローター方式の技術解説から性能、輸送能力、気になる安全性まで』(2012年、ソフトバンククリエイティブ株式会社)を参考にしました。

  3. この様な事実に則した客観的な記事を報道しない沖縄のメディアに沖縄県民はオスプレイは欠陥機体と洗脳されている。

  4. 民間転用して旅客機やヘリスキー用として乗れたらイメージアップになりそう。

    • 離島間の人や貨物の空輸にはティルトローター機いいと思う。平らな広い土地が無くてもヘリポート作れるだけの土地があればいいんだから。