茨城空港の本領発揮? 「アクセス道路」開通でグっと近く 弱点「鉄道ナシ」補えるか

茨城空港と常磐道を直結する「アクセス道路」が全線開通しました。東京方面からの所要時間が大幅に短縮されるだけでなく、渋滞の回避で「時間が読める」ようになる点もメリット。特にクルマ派にとって恩恵は大きいようです。

「待ちに待った開通」茨城空港アクセス道路

 茨城空港が、以前より「近く」なりました。2021年6月16日(水)、空港と常磐道を直結する茨城空港アクセス道路が全線開通したのです。

 今回、常磐道の石岡小美玉スマートIC(SIC)から空港まで、約12.6kmが1本の道路で結ばれました。従来は石岡小美玉SICのひとつ南の千代田石岡ICから、石岡市街地の国道6号や国道355号経由で空港まで約35分かかっていましたが、石岡小美玉SIC・アクセス道路経由ならば、所要時間は16分短縮の19分だといいます。

Large 210617 ibaraki 01

拡大画像

2021年6月16日に開通した茨城空港アクセス道路(画像:茨城空港)。

 東京方面からだと、常磐道の三郷ICから空港までの所要時間は、従来の千代田石岡IC・国道355号経由で70分だったのが、石岡小美玉SIC・アクセス道路経由で1時間をきり、54分まで短縮されました。

「従来ルートは国道6号の渋滞で時間が読めないことがありましたが、アクセス道路経由は渋滞しません。定時性が確保され、利便性は格段に上がりました」。茨城県の空港対策課はこう話し、「待ちに待った開通です」と喜んでいます。

 茨城空港へは、関東鉄道が東京駅から直通の高速バスを運行していますが、2021年6月現在、新型コロナの影響で運休しています。県空港対策課によると、高速バスの従来ルートからアクセス道路経由への変更についても「前向きに検討いただいている」ということでした。

 高速バスの時刻表上の所要時間は、東京駅から茨城空港まで1時間40分(空港→東京駅は2時間30分)です。仮にアクセス道路経由となった場合、単純に「16分短縮」を当てはめれば、東京駅から1時間半をきることになります。

 なお、東京駅~茨城空港線の高速バスは航空便利用者であれば片道500円で利用できましたが、2020年4月から県による補助が打ち切られたため、大人運賃で1530円となりました。

【どれだけ近くなった?】茨城空港アクセス道路の開通効果

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

Leave a Reply to ケメコ Cancel reply

1件のコメント

  1. 肝心の三郷から都心方面が全く読めないんじゃ意味がなかろうが。