埼京線「新宿発池袋行き」なぜ存在? 始発駅の次は終点 東京近郊のJR短距離列車3選

JR東日本の東京近郊区間では、上野東京ラインや湘南新宿ラインなどで長距離を運転する列車がありますが、なかには始発駅の次が終点となるちょっと変わった各駅停車の列車があります。いったいどういう理由で運転されているのでしょうか。

長距離運転の路線に短距離運転の列車が

 JR東日本の東京近郊区間では、上野東京ラインの開業により熱海発前橋行き、相鉄との相互直通運転を開始した埼京線では川越発海老名行きというように、長距離を走る列車が増えています。しかし、起点と終点のふた駅だけという路線でもないのに「始発駅を発車したら次は終点」となる各駅停車が存在します。ここではそんな短距離運転の列車が走る区間を紹介します。

埼京線 新宿発池袋行き/池袋発新宿行き

 長距離列車も走る埼京線ですが、新宿と池袋の間を、双方向にひと駅だけ運転する列車があります。その列車は次の通りです。

■新宿発池袋行き(土休日運転)
 新宿 9時16分→池袋 9時21分

■池袋発新宿行き(平日運転)
 池袋 6時52分→新宿 6時58分

■池袋発新宿行き(土休日運転)
 池袋 6時55分→新宿 7時00分
 池袋17時32分→新宿17時38分

 乗車時間は5~6分、運賃計算に使用する営業キロは4.8kmです。なぜこのような短距離列車が運行されているのでしょうか。

Large 210728 short 01

拡大画像

埼京線の池袋行き列車。ただし写真は2021年3月改正前に存在した新木場発の池袋行き(画像:写真AC)。

 埼京線・川越線(大宮~川越間)や相鉄線内を走るJR東日本のE233系電車は川越車両センター(埼玉県川越市)に所属しています。しかしすべての編成が川越車両センターに置かれているわけではなく、一部の編成は池袋駅の隣、板橋駅の東側にある留置線に置かれます。

 新宿発池袋行きの列車は留置線に入るため、池袋発新宿行きの列車は留置線から出て、新宿駅到着後に折り返し大宮方面の列車として運転するためです。なお、平日の夕方に留置線から出る列車は回送で新宿駅へと向かいます。

【懐かし写真】埼京線・川越線電化開業の初日

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

  • 「最新の運行情報はありません」

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 一駅ではありませんが、昔、中央快速線で東京発新宿行きがありました。新宿到着後は武蔵小金井に回送だったみたいです。