「日本一高いトンネル」路線バスで抜けられます! 東武が提案「秘境バスルート第二弾」

福島~新潟にまたがる尾瀬を公共交通だけで横断するルートを打ち出した東武鉄道が、またまた秘境横断ルートを発信。今度は栃木~群馬。新宿発着にて半日で行って帰ってこれます。

旅の始まりは新宿発の東武特急

 東武鉄道のスカイツリーライン営業支社が2021年9月2日(木)、公式ツイッターにて、壮大な「電車と路線バス乗り継ぎルート」を発信しました。新宿発着で、日光から群馬に抜け、そこから半日で新宿へ戻るというものです。

Large 210907 hikyo 01

拡大画像

金精道路を行く関越交通のバス。奥は湯ノ湖と男体山(画像:東武鉄道)。

 東武グループは歴史的に日光や尾瀬地域の観光に力を入れており、2020年には尾瀬観光の新機軸として、浅草発の夜行列車「尾瀬夜行23:55」で会津高原尾瀬口へ向かい、そこから公共交通だけを乗り継いで新潟県の上越新幹線 浦佐駅に抜けるというルートを商品化(東武トップツアーズのオプショナルツアー)しました。いわゆる「酷道」「険道」を走る山中の秘境ルートでしたが、今回はその「第二弾」と位置付けています。

 提案のルートは次の通りです。

(1)東武特急「日光」:JR新宿~東武日光
(2)東武バス日光:東武日光駅~湯元温泉(栃木県日光市)
(3)関越交通:湯元温泉~金精峠~鎌田(群馬県片品村)
(4)関越交通高速バス「尾瀬号」:鎌田~バスタ新宿

 奥日光から群馬県へと抜ける大回りで、新宿から新宿へ戻るという壮大な“一筆書き”乗車です。「酷道の趣のところは少ないですが、まさに、日光尾瀬縦断バスです」という東武の担当者に話を聞きました。

【新宿~尾瀬日帰り突貫旅行のルートを見る】

最新記事

鉄道運行情報(外部サイト)

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント