激動! 鉄道駅の開業・廃止・改名・リニューアルを振り返る【できごと2021】

2021年は鉄道駅をめぐるさまざまなニュースがありました。開業・廃止から駅の改称など、一年のできごとを振り返ります。

駅の話題だけでも豊富だった2021年

 2021年もまもなく終わりを迎えます。五輪開催や続くコロナ禍など、社会が大きく動いた一年でしたが、鉄道の駅でもいろいろなトピックがありました。

Large 211207 ekimei 01
2021年3月13日に開業したJR奥羽本線の泉外旭川駅(乗りものニュース編集部撮影)。

●北海道でまたも大量廃止

 2021年3月のダイヤ改正で、JR北海道では18駅が廃止になりました。函館本線では伊納駅、宗谷本線では南比布駅、北比布駅、東六線駅、北剣淵駅、下士別駅、北星駅、南美深駅、紋穂内駅、豊清水駅、安牛駅、上幌延駅、徳満駅。石北本線では北日ノ出駅、将軍山駅、東雲駅、生野駅が、釧網線では南斜里駅が廃止になっています。

 つづく4月には、休止が続いていた日高本線の鵡川~様似間が廃止。廃止区間の計24駅が営業終了となりました。

 来年2022年3月にも宗谷本線の歌内駅をはじめ7駅の廃止が決定しています。

●「幻の駅」と化していた駅が廃止

 同じく2021年3月には、奥羽本線の赤岩駅が廃止。といっても、2017年3月のダイヤ改正から通年で列車は一本も停まっていませんでした。

 東北地方では、来年2022年3月に北上線の矢美津駅と平石駅が廃止予定です。

●新駅が続々改開業

 2021年3月のダイヤ改正では、奥羽本線の秋田~土崎間に「泉外旭川駅」、えちごトキめき鉄道日本海ひすいラインの糸魚川~梶屋敷間に「えちご押上ひすい海岸駅」、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線の球場前~安芸間に「あき総合病院前駅」、ひたちなか海浜鉄道の平磯~磯崎間に「美乃浜学園駅」がそれぞれ開業しています。

 その他、富山地方鉄道富山港線では、富山駅~インテック本社前間に「オークスカナルパークホテル富山前停留場」、インテック本社前~奥田中学校前間に「龍谷富山高校前(永楽町)停留場」が開業しています。

 あわせて、4月には横浜・桜木町に都市型循環ロープウェイ「YOKOHAMA AIR CABIN」が開業。起終点は「桜木町駅」と「運河パーク駅」になりました。

●駅のリニューアルが進む

 渋谷駅では、JR山手線のホーム拡幅工事が10月に行われました。それに伴い、山手線は土日の2日間、池袋~大崎間で内回り列車が運休。埼京線・湘南新宿ラインの線路上を走る新宿~品川間の臨時列車が運転され、定期列車では特急「成田エクスプレス」しか乗車できない区間を走行したことで話題になったのも記憶に新しいところです。

 新潟駅では、立体交差事業に伴う高架化と新駅舎工事が2020年から進められていましたが、万代口の駅舎の解体工事が夏ごろにほぼ完了。新駅舎の全貌が駅前広場から見えるようになりました。

【「海の見える駅」も! 今年消滅した駅、誕生した駅を振り返る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント