奇跡の現役? 20世紀生まれのスーパーパトカーたち 直6! ロータリー! ツインターボ!

21世紀が始まってからすでに20年以上が経ち、パトカーの世界にも最新の220系クラウンが登場するなか、いまだに現役で使用される20世紀生まれのパトカーも。いまでは数少なくなった2ドアクーペタイプを集めました。

絶滅危惧種 直列6気筒エンジン搭載の「神」パトカー

 警察が使用するパトカーは酷使されることが多く、よほどのことがない限り10年以上使われ続けることは稀。しかし、なかには20年近く現役のパトカーも存在します。

 そうしたパトカーの代表例が、2ドアタイプの交通取り締まり用です。「クラウン」に代表される一般的な4ドアセダンではなく、当時、高性能を誇ったスーパーパトカーたちが挙げられます。ミニカーなどにもなった人気車も少なくありませんが、今回はそのなかでも、20世紀生まれのご長寿パトカーを紹介します。

Large 220421 patocar 01

拡大画像

いまも現役、20世紀生まれの2ドアパトカーたち(柘植優介、欅まつや撮影)。

日産「スカイラインGT-R」

 日産「スカイライン」のなかでもいまだに根強い人気を保っているのが、「スカイラインGT-R」の最終型BNR34型、通称R34と呼ばれるタイプです。直列6気筒エンジンを積み、なおかつテールランプ(尾灯)のレンズ形状も丸目4灯である最後の「スカイラインGT-R」です。

「スカイライン」のパトカーは全国で用いられましたが、「スカイラインR34 GT-R」のパトカーを導入したのは埼玉県警だけです。運用数は白黒のカラーリングのものが4台、覆面パトカー仕様のものが1台の計5台ありました。

 現在は初期導入車から用途廃止が始まっていますが、いまだに複数が現役。とくにボンネット上面にエアスクープ(空気穴)がなく、ウインカーがオレンジ色というマイナーチェンジ前のモデルが残っています。R34のマイナーチェンジは2000(平成12)年10月に実施されたので、それ以前の納入車であり、まぎれもない20世紀生まれのスーパーパトカーです。

【写真】20世紀生まれのスーパーパトカー4車種をイッキ見

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント