全国ローカル線の顔だった「キハ40系」いま乗れる路線は? もはや観光資源になった国鉄形

国鉄時代に900両近くが製造されたキハ40系ディーゼルカー。北海道から九州まで全国各地に投入されましたが、老朽化と新型車両の導入で徐々に数を減らし、JR東日本では定期普通列車から引退。JR北海道やJR西日本でも運転区間が縮小しています。

JR北海道では根室本線の新得~厚岸から撤退

 北海道から九州まで全国各地の非電化路線で主に普通列車として使われてきた「キハ40系」ディーゼルカー。その数が徐々に減っています。

 キハ40系は国鉄が1977(昭和52)年から1982(昭和57)年まで計888両が製造されました。運転台が両側にありドアが片開きの「キハ40形」、運転台が片側のみありドアが両開きの「キハ47形」、運転台が片側のみでドアが片開きの「キハ48形」の3形式からなるグループです。

Large 220609 kiha40 01

拡大画像

JR北海道のキハ40系(キハ40形)。先頭は朱色の「首都圏色」に塗り替えられたキハ40 1758(画像:写真AC)。

 1987(昭和62)年の国鉄分割民営化時にはJR旅客6社に887両が継承され、JR西日本ではキハ47形を両運転台に改造した「キハ41形」が登場。JR九州でもスピードアップ用にエンジンを交換した「キハ140形」「キハ147形」が登場しています。JR北海道でも急行「宗谷」「天北」「利尻」用に改造車の「キハ400形」「キハ480形」が登場しましたが、こちらはすでに廃車となっています。

 しかし、老朽化とともにJR旅客会社各社は新型ディーゼルカーを投入。JR東海はキハ25形ディーゼルカーを大量投入し、2016年までにキハ40系を置き換えました。

 JR北海道はH100形電気式ディーゼルカー「DECMO」、JR東日本はEV-E301系およびEV-E801系電車「ACCUM」、GV-E400系電気式ディーゼルカー、JR九州はBEC819系電車「DENCHA」やYC1系電気式ディーゼルカーと、新世代のローカル線向け車両が次々と投入されています。結果、JR東日本では2021年3月のダイヤ改正でキハ40系の普通列車は消滅。観光列車に改造された「リゾートしらかみ(くまげら編成)」「びゅうコースター風っこ」などが運行されるのみとなっています。

 JR北海道は2022年3月のダイヤ改正で根室本線 新得~釧路間にH100形の増備車を投入し、これにより同 新得~釧路と釧路~厚岸間で運転されていたキハ40系は撤退。新得~釧路間はH100形、釧路~厚岸間はキハ54形に統一されています。JR西日本では山陰本線 西出雲~益田間の列車がキハ120形とキハ126系に変わっています。

【懐かしのキハ40系 さまざまな車体色を見る】

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント