近鉄特急53年目の「再デビュー」も 歴代特急最大勢力12200系の改造車たち 「スナぞら」って?

50年以上にわたり近鉄特急の主力として君臨した12200系電車は、改造車両が今なお現役です。「新スナックカー」はどのような変貌を遂げたのでしょうか。

12200系「新スナックカー」はどんな電車?

 数ある近鉄特急のなかで、長年にわたり主力として走っていたのが12200系電車です。1969(昭和44)年、車内に軽食コーナーを備えた特急車両「新スナックカー」としてデビューし、歴代の近鉄車両のなかでも多い168両が製造されました。
 
 それから52年、12200系は特急車両としては2021年に引退しました。しかし、「改造車」は現役。うちひとつは2022年にデビューしており、ある意味“最新の車両”にもなっているのです。

12200系の改造車「あおぞらII」

Large 220701 kntttq 01

拡大画像

「あおぞらII」のモ15203(左)。「スナックコーナー」を備えていた名残で、ドアと乗務員室扉の間に車内販売の準備室を備えていた(柴田東吾撮影)。

 改造車両として最初に登場したのは、15200系電車「あおぞらII」です。私鉄では珍しい団体専用の車両で、「あおぞら」の名前の通り、青い車体色が特徴。「あおぞらII」としては15200系以外の車両も存在しましたが、ここでは15200系だけに触れます。

 15200系は2005(平成17)年に登場。12200系のなかでも2回目のリニューアルを行わなかった車両から改造され、当初は4両編成2本と2両編成1本の態勢でした。2011(平成23)年には初代の団体専用車両「あおぞら号」(20100系電車)の車体色を復刻した編成も登場したほか、2014(平成26)年には4両編成2本が追加で改造され、最初に登場した15200系のうち、4両編成2本を置き換えています。

 12200系の特急引退に合わせ、2021年には15200系どうしで置き換えが行われました。2両編成4本を追加で改造した一方、今まで使用されていた15200系をすべて廃車にしています。15200系は全部で10編成が改造されていますが、その10編成は揃ったことがないのです。

 このほか、12200系の12249編成がもとのオレンジと紺のまま、団体専用車両に用途を変更しています。行先表示器に「あおぞら」と表示して使用されているものの、ファンからは“新スナックカーのあおぞら”の意味で「スナぞら」とも呼ばれています。

【近鉄クオリティ!】「新スナックカー」改造し「あおぞらII」へ

最新記事

コメント