ミニ新幹線は招かれざる存在なのか 山形・秋田新幹線だけなワケ 貼られた“レッテル”

費用や工期、開業後の採算の面から、フル規格の新幹線は難しいとされた地域の救世主となったのがミニ新幹線です。国内では山形・秋田新幹線が該当しますが、25年経った今でも、それら以外には採用されていません。なぜでしょうか。

新幹線の有無で広がった地域格差

 本2022年は「ミニ新幹線」のアニバーサリイヤーです。秋田新幹線は3月22日に開業25周年を、山形新幹線は7月1日に開業30周年を迎えました。ところがその後の四半世紀、ミニ新幹線が(山形新幹線の新庄延伸を除けば)ひとつも開業していないのはなぜなのでしょうか。

Large 220722 minis 01
山形新幹線はミニ新幹線。「つばさ」に使用されるE3系電車(画像:JR東日本)。

 高速鉄道の在来線乗り入れは世界的に見れば決して珍しいものではありません。というのも、日本は在来線では実現不可能な高速化、輸送力増強を目的として、規格を抜本的に改めた新幹線を建設しましたが、欧州では在来線も高速鉄道も軌間や車両のサイズは変わらないので、高速走行を行う区間は新設の専用線を走り、都市部や地方では在来縁に乗り入れるという柔軟な運用が可能だからです。

 そのような中、日本では東海道に続いて山陽、東北、上越新幹線が開業し、沿線主要都市は東京、大阪と3時間以内で結ばれるようになりましたが、新幹線のない地域は在来線への乗り換えが必要で、格差が広がっていました。

 しかし輸送需要が限られた地域にフル規格の新幹線を新設しても採算は取れず、建設するとしても整備新幹線との兼ね合いで着工は当分先になります。そこで新幹線と在来線を直通運転することで、安価かつスピーディーに解決しようと考えたのです。

 検討は国鉄時代の1983(昭和58)年10月に始まり、1986(昭和61)年には運輸省に「新幹線と在来線との直通運転構想検討会」が設置。同時に国鉄のプロジェクトチームは在来線の標準軌化や、在来線の速達性向上の具体的な検討に入ります。国鉄民営化によりJR東日本が継承し、1987(昭和62)年に奥羽本線の福島~山形間をモデル線区に選定。1988(昭和63)年8月に着工しました。

【伸びしろあるぞ「ミニ新幹線」】新トンネル建設でさらにスピードアップ

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

4件のコメント

  1. 私は以前山形県に奥羽新幹線ではなく、山形新幹線の改良で今以上になるのではと提案しましたが何の検討もなく、断りの手紙が来ました。私の案は新板谷トンネルの早期実現、山形線の内福島⇋山形間の複線化、さらに踏切の統廃合による立体交差化により鉄道施設内に入れないようにすれば160km運転が可能になるのではないか?そうすれば僅かの資金で奥羽新幹線と同等の運行が可能になり、現在のつばさ停車駅もそのまま、もし奥羽新幹線となれば米沢、山形、新庄以外の駅は統合され、観光地の上山温泉、天童温泉、東根温泉、銀山温泉等、各市町が廃れる所が出てさらに改軌してしまった山形線では仙台や酒田等にも乗り入れられず第三セクター化した山形線も廃れるのではと提案しました。新幹線ありきの山形県に失望しました?

  2. YAHOOのコメントでどなたかが書いていたダブルタイヤ方式ならぬダブル車輪で狭軌と標準軌に対応すれば、FGTはもういらないし、複雑な機構も必要ないので、標準軌の上なら300km/hにも耐えられる。
    西九州新幹線の武雄ー新鳥栖間は狭軌のまま走れるので、ミニ新幹線規格のまま長崎-博多、新大阪まで走れる。
    JR九州はE8系をベースとして車両を開発すれば、早期に西九州新幹線は完成する。

  3. ありがとうございます。ある意味、日本での在来線の狭軌レール(1067ミリ)が元凶を招いたのかもしれませんね。今から150年前に日本で鉄道が開通しましたが、そのときのレール幅を、その後の国鉄(現在のJRグループ)が日本での標準軌として採用したわけであります。そして1964年の東海道新幹線開業時では高速運転で、より安定性を確保するため世界標準軌(1435ミリ)を採用したわけであります。当時はもちろんのこと、新幹線はまったくの別物扱いであり、当然既存の在来線との乗入はまったくと言っていいほど想定はしていなかったのです。これが今となってはアザとなったかもしれませんね。もし、JRの全ての在来線が新幹線と同じ世界標準軌だったら日本全国で在新直通列車つまり、ミニ新幹線が開業していたかもしれませんね。

  4. ダメな記事。
    並行在来線のことも含めて考えなくてどうするのさ。北陸新幹線の金沢以西の延伸を受けた福井県内の新三セクの事業計画は初年度から赤字。「はぁ?」だよ。計画の意味ない。利便性の向上とか言ってるけど、意味不明ですよ。その他、青森の三セクも大変なことになってるじゃないか。
    フル規格の後、並行在来線の採算が厳しくなるのが明らかだから、JRは手を引くのだろうに。
    山形秋田では、JRが在来線をやってくれてるありがたみが普通になりすぎててわからんのよ。今が何とかなってるら、フル規格なんて高望みができるだけ。JRが在来線を放り出すことの絶望を少しは考えればいい。上下分離なんて余程うまく交渉しないと通るとは思えない。