【今日は何の日?】車窓に雨晴海岸が広がる

現在のJR西日本氷見線が伏木駅から島尾駅まで延伸し、雨晴海岸を列車が走るようになりました。

 1912(明治45)年の4月4日、現在のJR西日本氷見線が伏木から島尾駅まで延伸し、雨晴海岸を列車が走るようになりました。

 富山湾越しに3000m級の立山連峰の眺望できる場所で、車窓からも天候に恵まれれば、それを楽しむことが可能です。ちなみに「雨晴」の名は源義経が奥州へ落ち延びる途中、この付近でにわか雨が晴れるのを待った、というのが由来とされています。

【了】

この記事の写真一覧

  • 20150404_himisen_01

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. ちなみに、雨晴海岸は「あまはらしかいがん」と読み、最寄り駅の雨晴駅は難読駅名として有名です。