大戦機なぜ米では現役? 戦後70有余年、いまだムスタングなどが普通に飛んでいるワケ(写真10枚)

日本国内に残る戦時中の飛行機というと、もはや博物館に鎮座する数機程度があるくらいですが、アメリカではいまだ大戦機が普通に飛んでいるうえ、レースまで開催されています。この差は、戦争の勝敗や気候の違いだけで生じるものではありませんでした。

真珠湾攻撃のデモチームまで存在する飛行機大国

 昨年(2017年)、旧日本海軍の零戦が日本の空を飛び話題になりましたが、その零戦のオーナーは、維持費が高額なため売却を決意したと報じられました。また、2018年3月24日(土)にリニューアルオープンする岐阜県各務原市の「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」には、世界で唯一現存する旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕」が展示されることになりますが、このように機体の展示はあるものの、旧日本軍の軍用機をレストアし再び空に飛ばすのは、いまの日本では難しいようです。

Large 180316 ww2 01
双胴の戦闘機ロッキードP-38ライトニング(2016年、石津祐介撮影)。

 飛行機大国のアメリカでは、大戦機(ここでは第二次世界大戦期の軍用機のこと)がエアショーに登場します。B-29、B-17、B-25などの爆撃機、P-51、P-40、P-38などの陸軍機、F6F、F4U、TBFなどの海軍機など多くの軍用機が登場し、ショーを盛り上げます。敵役として日本軍やドイツ軍の戦闘機が登場することもあり、そしてレプリカの日本軍機で真珠湾攻撃のデモを行う「TORA! TORA! TORA!」というデモチームまで存在します。

 なぜ、これほどまでにアメリカでは大戦機が飛んでいるのでしょうか。

この記事の画像をもっと見る(10枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180316 ww2 06
  • Thumbnail 180316 ww2 07
  • Thumbnail 180316 ww2 08
  • Thumbnail 180316 ww2 09
  • Thumbnail 180316 ww2 10
  • Thumbnail 180316 ww2 01
  • Thumbnail 180316 ww2 02
  • Thumbnail 180316 ww2 03
  • Thumbnail 180316 ww2 04
  • Thumbnail 180316 ww2 05

関連記事

最新記事

コメント

3件のコメント

  1. 空自のエアショーも米空軍みたいにスマートなら
    日本に寇するパヨクも息を飲むだろうに

  2. 日本にはアメリカほど旧大戦機を飛ばす需要が無いのでは?
    あのレプリカ零戦も結局は売却する羽目になったし、ウヨの連中もそんなに興味を持つ者は少ないのでは?

  3. 戦後、日本の再軍国化を防ぐため、連合軍が日本の軍用機をすべて破壊、研究用のごく一部の機体はすべてアメリカに持ち出したことが日本に大東亞戰爭時の軍用機が残っていないせい。
    戦後も長きにわたって日本は自前で軍用機を作ることを連合国によって禁止されてきたのが、この種の軍用機を残すことができなかった最大の原因であり、それは日本の責任ではない。