RV/SUVのアイコン「背面スペアタイヤ」、最近の車種で見なくなったワケ

現在「SUV」と呼ばれるジャンルのクルマには、背面にスペアタイヤが取り付けられるケースが多かったのですが、近年発表されているモデルではそれがあまり見られません。そもそもなぜあの位置にスペアタイヤが取り付けられていたのでしょうか。

「RVブーム」で「背面スペアタイヤ」続々

 1990年代、三菱「パジェロ」をはじめとする「RVブーム」の流れで登場したトヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」、日産「ラシーン」など、多くのRVやSUVにはリアハッチにスペアタイヤが取り付けられていました。

Large 180417 sparetire 01
1991年発売の三菱「パジェロ」(2代目)。車体の背面にスペアタイヤが取り付けられていた(画像:三菱自動車)

 しかし現在、各社がラインアップするSUVには、背面スペアタイヤはほとんど見られません。いまもそれを備えているSUVは「パジェロ」のほか、スズキ「ジムニー」シリーズがありますが、三菱でも「アウトランダー」や「エクリプスクロス」など近年発売された車種ではなくなっています。トヨタ「RAV4」などはモデルチェンジの過程でこれを廃止しており、2019年に日本発売が予定されている新型にも背面スペアタイヤは装着されていません。

Large 180417 sparetire 02
現行の三菱「パジェロ」。背面スペアタイヤは健在(画像:三菱自動車)。

 背面スペアタイヤについて、かつて「パジェロ」で「RVブーム」に火をつけた三菱自動車に話を聞きました。

――最近のSUVはなぜ、背面スペアタイヤがなくなっているのでしょうか?

 燃費の重視や軽量化といった時代の要請、道路事情の改善、タイヤの耐パンク性能が向上したことなどが背景にあります。背面にスペアタイヤを積むには、リヤゲートのヒンジ(ちょうつがい)を強化するなどボディー側の強度も必要で、重量が増してしまうのです。

 そもそも、かつてのスペアタイヤはそのクルマに標準装備されているタイヤでしたが、それがやがて応急用のテンパータイヤになり、現在はそれも廃止され、パンク修理キットで代用されています。

三菱 パジェロの中古車情報

U00024922786 001l

排気量
2000cc~3800cc
価格帯
22.0万円~495.1万円

中古車情報を見る

トヨタ RAV4の中古車情報

U00024925965 001l

排気量
1800cc~2400cc
価格帯
14.0万円~199.8万円

中古車情報を見る

スズキ ジムニーの中古車情報

Uz0024926978 001l

排気量
0cc~660cc
価格帯
9.9万円~334.8万円

中古車情報を見る

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180417 sparetire 04
  • Thumbnail 180417 sparetire 01
  • Thumbnail 180417 sparetire 02
  • Thumbnail 180417 sparetire 03

関連記事

最新記事

コメント

5件のコメント

  1. タイヤの交換ができないSUV乗りも多そう

    あとは、車がSUVでも目的から手段へと変化しているということなのかな?

  2. 今のパジェロはスペアタイヤは背面に無いとダメだという怨念に取り憑かれているのか知らんが
    とても見るに堪えないデザインをしていると思う

    • 以前のパジェロはバンパー上にスペアタイヤがあったのでバック視界が無いに等しかった
      それまでクーペに乗っててエアロ付いてても視界は狭かったが、クーペにエアロは逆に後方スペースの目安に成ったので全然気にならなかったけど
      パジェロはドライバーの視界を妨げるようにスペアタイヤが後方を良い感じに遮断しているのでアレは酷かった。
      乗ってた時は殆ど後方確認だけでドアミラーでバックしてた記憶がある。

  3. 一応に脱着可能なら車両寸法には含まれないはずだが?実際に常備してるわけだから車検証や諸元はどうなってるのだろう?
    よく自分の車の高さすら知らないアホがキャリア付けて全高オーバーでフェリーの船底に誘導されたと怒ってるの見るがね
    ミラーや反射器などは全幅には含まれないけど、いいかげんに脱着可能で全高に含まない古いやりかた止めて常備するなら構造変更くらいさせたらどうかね?、よく選挙の街宣車でガードに突っ込んで屋根上の看板壊してたのいたでしょ

    • スペアタイヤは寸法には含まれないはずです。
      含まれたら軽の場合、間違いなく寸法オーバーです。
      また、背面にあれだけ(タイヤ本体)の空間があると、追突された時の安全性が向上すると聞いたことがあります。