駅改札でテレビニュースを放映 NHKと契約、東日本大震災を機に拡大

【写真】2006年から放送契約を締結しているJR東日本

Large 180619 statv 02
JR東日本は2006年にNHKと大規模災害発生時の報道番組放送契約を締結している。写真は昼夜にわたり多くの人が利用する新宿駅南口(画像:photolibrary)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(2枚)

Writer: 枝久保達也(鉄道ライター・都市交通史研究家)

東京メトロ勤務を経て2017年に独立。江東区・江戸川区を走った幻の電車「城東電気軌道」の研究や、東京の都市交通史を中心としたブログ「Rail to Utopia」を中心に活動をしている。鉄道史学会所属。

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

3件のコメント

  1. もちろん受信料をモニタ毎に徴収してるんだろうな?
    普段はNHK流さないからって優遇してたら許さない。

    • 我々の支払った運賃が一部とは言えNHKの懐に入ると思うと腹が立ちますね

  2. 東日本大震災発生当時、浦和駅近くの小学校で夜を明かして翌朝に駅に行ったらNHKの放送を流していた理由が分かりました。駅に集まった人達みんなで観続けていたのを今でも憶えています。東日本大震災の発生前から契約を結んでいたんですね。