陸自の新型試作りゅう弾砲、特徴や運用は? 「装輪」「155mm」「りゅう弾」の意味

【写真】大迫力! 陸自最大口径火砲「203mm自走りゅう弾砲」の発射炎

Large 180618 15h 07

拡大画像

陸自最大口径の「203mm自走りゅう弾砲」。略称は20HSP。「サンダーボルト」という公式愛称もある(画像:陸上自衛隊)。

この画像の記事を読む

この記事の画像をもっと見る(7枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 180618 15h 02
  • Thumbnail 180618 15h 03
  • Thumbnail 180618 15h 04
  • Thumbnail 180618 15h 05
  • Thumbnail 180618 15h 06
  • Thumbnail 180618 15h 07
  • Thumbnail 180618 15h 01

Writer: 竹内 修(軍事ジャーナリスト)

軍事ジャーナリスト。海外の防衛装備展示会やメーカーなどへの取材に基づいた記事を、軍事専門誌のほか一般誌でも執筆。著書は「最先端未来兵器完全ファイル」、「軍用ドローン年鑑」、「全161か国 これが世界の陸軍力だ!」など。

関連記事

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. アーチャー程凝ってなく(アーチャーには自動装填など豪華装備)、カエサル程割り切ってなく(カエサルは普通の6輪トラック)。いかにも自衛隊らしい中途半端な装備だなこれ