大阪モノレール延伸、門真市駅から東大阪市方面へ特許申請

大阪モノレールが、門真市~瓜生堂(仮称)間の運輸事業特許を国土交通大臣に申請しました。途中には3駅を設置する計画です。

瓜生堂駅(仮称)へ8.9km延伸

 大阪高速鉄道(大阪モノレール)は2018年7月11日(水)、大阪モノレール線の延伸事業に関して、軌道法に基づき、国土交通大臣に運輸事業特許を申請したと発表しました。

Large 180713 oomonokadoma 01
門真市~瓜生堂(仮称)間の路線計画図(画像:大阪高速鉄道)。

 今回申請されたのは現在の終点・門真市駅(大阪府門真市)から瓜生堂駅(仮称、同・東大阪市)に至る営業延長8.9kmの区間です。

 途中には門真南、鴻池新田、荒本の3駅(いずれも仮称)を設けます。路線は複線で、跨座式モノレールです。

 建設費は約286億円(消費税抜き)で、別途、支柱や桁などの道路構造物(インフラ部)の事業費として約740億円(消費税込み)を見込みます。門真市~瓜生堂(仮称)間の開業目標は2029年です。

【了】

この記事の写真一覧

関連記事

最新記事

コメント

2件のコメント

  1. そこまで延伸する必要はないが、近鉄まで延伸すれば外環状的な役割は出来るし、あっても良いかもしれないね。
    ただ、おおさか東線に影響が出る恐れがあるが。

  2. >おおさか東線に影響が出る恐れがあるが。
    大阪モノレールは建前は大阪府が大株主の第三セクターながらも実質は阪急・京阪・近鉄が多額を出資する私鉄の子会社。ライバルのJR西日本と競合するのはしょうがないでしょう。