土砂崩れ道路復旧のべ8km レア重機も出動した北海道地震、自衛隊重機部隊の戦い(写真14枚)

自衛隊だけのレアな重機も

 重機が道路啓開をする現場を見てみると、一番活躍しているのは油圧ショベルでした。そして、そのショベルが取り除いた土砂を積載するダンプも忙しそうに走り回っています。

 そうした作業現場にて、ちょっと変わった油圧ショベルがほかの重機と一緒に作業しているのを発見しました。それが、自衛隊だけが持つ特殊な油圧ショベル「掩体(えんたい)掘削機」でした。

Large 181112 juki 91

拡大画像

陸上自衛隊北部方面隊第3施設科所属部隊の掩体掘削機。災害派遣のほか、掩体(シェルター)や塹壕を作る際などに活用される。2018年9月13日撮影(画像:陸上自衛隊)。

「掩体掘削機」とは、油圧ショベルのアーム部分に360度回転する機構を備えています。それによって、一般的な油圧ショベルのように内側へ土をかき集める動きに加え、土砂を外側へかき出すことができます。これにより、油圧ショベルの車体が入っていけないような狭い場所や、細かい所の土砂もアームが届く限り掘削することができるのです。

 この「掩体掘削機」はあまり数が多くなく、目にする機会も少ないのですが、自衛隊ならではの装備といえるでしょう。

Large 181112 juki 92 Large 181112 juki 93 Large 181112 juki 94

拡大画像

拡大画像

拡大画像

厚真町内で作業する第3施設科の掩体掘削機。2018年9月16日撮影(画像:陸上自衛隊)。
第3施設科の部隊は幌内地区(北海道三笠市)へも派遣された。2018年9月11日撮影(画像:陸上自衛隊)。
幌内地区にて。右の掩体掘削機がアームの先を回転させている。2018年9月13日撮影(画像:陸上自衛隊)。

 ちなみに、一般的な建築現場で見られる重機が持っていない装備も取り付けられています。それが「管制灯火装置」です。

 この装置は自衛隊車両全般に取り付けられていて、「ロータリースイッチ」と呼ばれる切り替えレバーを操作することによって、通常のライトを豆電球程度の明るさまで落とすことができます。こうすることによって、光が目立ちやすい夜間であっても、敵にコチラの行動を暴露することなく作業することができます。ただし、油圧ショベルや掩体掘削機の場合は、安全管理と作業効率化のために、アームに取り付けられた作業ライトにカバーを掛けて作業します。

テーマ特集「【ミリタリー】急げ、救え! 自衛隊「災害派遣」の現場にせまる!」へ

この記事の画像をもっと見る(14枚)

最新記事

道路交通情報(外部サイト)

  • 「最新の交通情報はありません」

コメント

1件のコメント

  1. 画像見て理解したが、人の腕で言えばひじの間接の前でぐるりと回転できるわけだ。
    たしかに普通の重機では見かけない。