いまはあり得ない? 冷戦期、西ドイツが考えたF-104「スターファイター」幻の運用計画

ZELL+核爆弾で想定された作戦とは?

 そしてもうひとつの「ニュークリアシェアリング」は、核兵器(ニュークリア)をアメリカから借り受け共有(シェア)するという、米独の取り決めのことです。ニュークリアシェアリングによって、西ドイツはアメリカの管理下ながら、事実上の核保有国となることができました。ZELLとニュークリアシェアリングによって想定された作戦は、おおむね以下の通りです。

Large 190127 f104 02

拡大画像

機体下の白い補助ロケットブースターはMGM-1「マタドール」巡航ミサイルのロケットを流用、8秒間限定でF-104に2Gもの加速度を与える(関 賢太郎撮影)。

 F-104Gは、最大1メガトン(広島型原爆の約50倍)の核出力をもつB43水素爆弾を1発搭載します。そして地上の射出機(ランチャー)に固定され、エンジン出力をアフターバーナー最大とし補助ロケットブースターを起動。射出後、ロケットは約8秒間燃焼し、この間2Gの加速によって自力で飛行可能な速度、約550km/hに到達します。

 燃焼終了後はロケットブースターを切り離し、敵のレーダー探知を避けるため高度は上げず、山や地平線の影を利用する「地形追随飛行」によって約1000km/hで巡航、標的接近前に急上昇し、爆弾を放り投げるように投下する「トス爆撃」を行います。トス爆撃は爆撃精度に劣る欠点があるものの、核兵器であれば威力が大きいのでこれをほぼ無視できますし、山なりの弾道で飛翔するため、投下後に危害半径から離脱・帰還する時間的猶予を得られます。

 ただF-104シリーズは燃料搭載量が少ないうえ、特に燃費が悪くなる低空での戦闘行動半径は、わずか120kmしかありませんでした。ZELLで発進し地形追随飛行するF-104Gは、西ドイツから国外へ長距離進出することができないという欠点があったのです。つまり、同機が搭載する広島型原爆の約50倍に相当する強力な水素爆弾は、侵略してきた敵軍を叩くため「自国内で使う」か、最大限進出しても、「もともとは同胞である東ドイツに対して使用する」しかないということを意味しました。

 また、ZELLとは自軍の飛行場が潰されていることを前提としたシステムであり、ZELLによって発進し敵軍を消滅させたとしても、F-104Gのパイロットは「帰る基地が無い」という問題をどうにかしなくてはなりません。F-104Gにはイギリス製のマーチン・ベイカーMk.7という高性能な射出座席が搭載されているため、ほぼ確実な戦死を前提とした「神風」とは全く意味合いが異なるものの、それでも射出座席の使用には、「死は免れられるが、無傷で済めば幸運」という大きなリスクを背負う必要がありました。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190127 f104 04
  • Thumbnail 190127 f104 01
  • Thumbnail 190127 f104 02
  • Thumbnail 190127 f104 03

最新記事

コメント