旧海軍高雄型重巡に幻の5番艦 アメリカ生まれ砂漠育ちの「ミューロック・マル」とは?

旧日本海軍の高雄型重巡洋艦は「高雄」「愛宕」「摩耶」「鳥海」と4隻が建造されましたが、実は幻の、5隻目の高雄型が存在しました。建造されたのは当時の敵対国アメリカ、しかも砂漠のど真ん中で、といいます。どういうことでしょうか。

数多の戦果を重ねた高雄型重巡洋艦に謎の「5番艦」

 旧日本海軍には、「高雄型」と呼ばれる重巡洋艦がありました。「重巡洋艦」とは当時、最も大きな「戦艦」に次ぐ強力な水上艦のことで、基準排水量1万トン以下(実際は制限を超えていた)、口径203mm以下の主砲を備えます。高雄型重巡洋艦は1番艦である「高雄」以下、「愛宕」「摩耶」「鳥海」の4艦が建造され、いずれも1932(昭和7)年に就役。太平洋戦争においては主要な海戦の多くに参加しました。

Large 190221 muroc 01

拡大画像

旧日本海軍の高雄型重巡洋艦1番艦「高雄」。艦名は京都府の高雄山にちなむ(画像:アメリカ海軍)。

 しかし戦争末期の1944(昭和19)年10月下旬に行われた、旧日本海軍にとって事実上、最後の大規模な組織的戦闘になった「レイテ沖海戦」では、「愛宕」「摩耶」が潜水艦の魚雷を受け多数の乗員とともに沈没。「鳥海」は航空攻撃を受け航行不能となり、自軍の魚雷によって処分という最期を迎えます。このとき唯一、生き残った「高雄」は、シンガポールにおいて艦尾を切断された状態だったものの、浮上した状態で終戦を迎えています。

 艦艇や船舶は、同じ艦型、船型のものを「姉妹艦」などと表現しますが、実は高雄型には「血のつながりのない五女」が存在しました。その名は「ミューロック・マル」、彼女もまた戦争を生き残っています。

「ミューロック・マル」はアメリカ生まれの艦であり、正式名称は「臨時標的物 T-799(Temporary Building 〈Target〉 T-799)」といい、アメリカ陸軍航空隊が対艦爆撃訓練のために、高雄型を模し建造した「標的艦」でした。なぜ数ある旧日本海軍艦艇のなかから高雄型が選ばれたのかはわかりません。

この記事の画像をもっと見る(4枚)

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190221 muroc 04
  • Thumbnail 190221 muroc 01
  • Thumbnail 190221 muroc 02
  • Thumbnail 190221 muroc 03

最新記事

コメント

Leave a Reply to タカ Cancel reply

2件のコメント

  1. すごいですね、、
    砂漠の真ん中に建てたこと自体もそうですが高雄型がモデルの標的艦なんて初耳でした。
    勉強になりました。

  2. 後の砂上艦だったりして