徹底解説! 2019年GWの渋滞予想【東日本編】 上下線ともピークは後半のワケ

2019年のゴールデンウィークは10連休。高速道路各社が発表している渋滞予想では、例年よりも渋滞が分散傾向にあり、NEXCO3社で特徴が異なります。NEXCO東日本管内ではどうでしょうか。

それほどでもない? 連休前半の渋滞

 2019年のゴールデンウィークは10連休。高速道路各社が発表している渋滞予想では、例年よりも渋滞が分散傾向にあるとされ、地域により特徴も異なります。主に関東甲信越、東北、北海道エリアを管轄するNEXCO東日本管内ではどうでしょうか。

Large 190410 nexcoe 01
渋滞する関越道上り、東松山IC付近(画像:写真AC)。

 NEXCO各社は混雑状況の目安として、連休前日の4月26日(金)から5月6日(月)まで11日間について、各社管内で10km以上の渋滞が発生する回数を日別にまとめています。一般的に、連休の前半に下り線の、後半に上り線のピークがありますが、NEXCO東日本管内では今回、上下線とも連休後半がピークとの予想。10km以上の渋滞発生回数が最も多いのは、下り線が5月3日(金)の12回、上り線が5月5日(日)の17回です。なお、上り線は前日の5月4日(土)も16回とされています。

 NEXCO東日本管内において、この連休中で特に長い渋滞の発生(25km以上)が予想されている箇所は、次のとおりです。

下り線

・関越道 東松山IC付近(埼玉県東松山市)
・東北道 羽生PA付近(埼玉県羽生市)

 東松山IC付近では5月3日(金)に最大35km、羽生PA付近では同日と翌4日(土)にそれぞれ最大40km、25kmの渋滞が予想されています。ピーク時間帯はいずれも7~8時台で、13~14時台まで続く見込みです。

上り線

・関越道 高坂SA付近(埼玉県東松山市)
・東北道 加須IC付近(埼玉県加須市)
・京葉道路 花輪IC付近(千葉県船橋市、習志野市)

 高坂SA付近と加須IC付近は、4月29日(月)、5月3日(金)、4日(土)、5日(日)にそれぞれ17~18時台をピークとして、最大30~40kmの渋滞が見込まれています。花輪IC付近は、5月4日(土)、5日(日)にそれぞれ17時をピークとして、最大25kmの予想です。

テーマ特集「【道路】連休の渋滞どう回避? 発生メカニズムからマル秘テクニックまで!」へ

【画像】東北道の猛烈渋滞、避けるには?

【夏休み】お得な航空券ならスカイチケット

画像ギャラリー

  • Thumbnail 190410 nexcoe 03
  • Thumbnail 190410 nexcoe 04
  • Thumbnail 190410 nexcoe 01
  • Thumbnail 190410 nexcoe 02

最新記事

コメント

1件のコメント

  1. 何時だか移動を分散させる大義に休日を平日料金に持ってきた会社の分析なんて参考になるのだろうか?
    1企業の勝手な判断で平日や休日が変えられるならカレンダーなんて無用だろうに
    だれが診ても利益を上げる為の工作と解る事を分散と言うなら他にやることは沢山あるだろうに